スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しあわせ~って何だっけ?

広島ブログ
そのお父さんは、若い頃からの美食と運動不足がたたり、糖尿病の合併症を患い車椅子生活を余儀なくされている。

まだまだ定年には程遠い年齢であるが、職場復帰は絶望的となった。

美人で通っていた奥さんもガンを患い闘病生活で、旦那さんを診る余裕もない。

子供は心の病気を患い、その奥さんも治療方法が確立されていない病気で苦しんでいる。

余りにも気の毒過ぎてかける言葉もないが、オレらで出来る事もたかがしれている。

ある日、フェイスブックの友人が料理の写真をアップして、「食べきれないで残してしまう事に罪悪感を感じる」と呟いていたことがあった。

コース料理なので、決まった料理が出てくるが、余りにも多くて食べきれないと言う。

心ならずも食べ物を残してしまう事に罪悪感を感じるのはその人だけではなく、オレもそう。

料理を作ってくれた人に対しても、肉や魚等の命あるものに対しても、野菜を作ってくれた人に対しても、地球に対しても、勿体ない事をして申し訳ないと思う。

ならば、食べられるだけの物を注文するなり、宴会等であれば量を加減するなりしてもらえば済む話しかな・・?

宴会やパーティ会場などで時々料理に対して文句を言う人を見かけるが、それもどうなのか。

お金を出して食べに来ているからには、期待通りの料理を食べたいと思うし、お店の方も仕方ない部分があろうかと推測する。

美食が悪いとも思わないし、否定もする気はまったくないが、冒頭のお父さんの姿と食べ物を残して罪悪感を感じる友人とを見ていて思った。

「美味しい物を食べるのが幸せではない」

「何を食べても美味しいと思えることが幸せなのである」

「中卒の経済学」で書き記した最後の言葉であるが、あなたはどう思う?


景雲堂書店さんで古本オーロラやってます。
208871_335102623233486_1611009770_n.jpg
中区本川町1丁目1−28
相生橋西詰め信号より十日市方面へ100メートル。
景雲堂書店さんの入り口ドアを開けるとこんな棚が目に留まりますので、ご覧ください!

FuriFuriしっぽ♪のくぅーさんノビコさん新築の家をネコにジャックされたずこちんさんと4人でやってます。

来てね~!

広島ブログ

Facebookのバナーも付けてみた。
良かったら「いいね!」も押してね。

コメントの投稿

非公開コメント

ポン酢醤油があるウチですかね。。。

いもあられさんへ

幸せのお裾分けは??

いい話ですね、

未だに父親が言います「貧乏に育てた」と。
それが身に付いているのか、何食べても美味しいけいね(^^♪


もちろん、幸せです



我が家にはポン酢醤油はないけど
マミーのトンカツに100%火が通ってたときは幸せを感じます

罪悪感があるのは同じ

家族の残り物をせっせと片付けてしまいます。
でもね、残す勇気がないと病気になりますよね。
いや本当です。
だから今は「残すこと」を「勇気」と思っていますが、
勇気の無いビッタレなもんで、なかなか残せない。
腹いっぱい食べてはいけんのんよね。

銀ちゃん!私もその通りだと思う!
幸せの感覚も全てそんな気がする。
お金があったってなくたって、
綺麗な服着てたって着てなくたって、
心が幸せを感じるのが幸せだよね~。
どこにでも幸せを見つけられる自分でありたいな。

ぎぢえさんへ

お父さんの気持ち分かりますねぇ~!!

子供には何一つ不自由させることなく与えてあげたい気持ちでしょうね!!

それでも裕福でなくても幸せを感じた者勝ちのように思えますよ。

今となっては、それが財産ですもんね。

さいこちゃんへ

広島には「牡蠣醤油」ってあるよ!

美味しいらしいけど、試したことがない・・

マミーのトンカツ、普段は半生かい・・??

かぶりついたトンカツが半生はきついな!!

そりゃあ普通の食事に幸せを感じるね~☆

⑦パパさんへ

腹八分目医者いらずとはよく言ったものですよ~!!

ウチなんか、残すほどの量が出ないのでありがたいですわww

aaconeeさんへ

aacoさんがこの前書いてた記事に触発された部分があってね、色んな思いが重なってのことでした。

食べたいものを好きなだけ食べて、病気になってしまったらやっぱ後悔するよね・・・

一度きりの人生なので好きな事をすれば良いとは言うけれど、治る見込みのない病気になったら家族に申し訳ない気がする。

ちゃんと節制のある生活を送るようにするね!!

検索フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。