スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨が涙に、涙が雨に

広島ブログ今日の日記は長いよ。
24日午前7時。

降り出した雨に、天を呪うような目で空を見上げた。

昨日は、銀子が所属する吹奏楽部定期演奏会。


雨になると、お客さんの出足も鈍くなるし、加えて傘をさして行列に並んで頂くのは忍びない気持ちがあるので、祈っていたところへの雨音。

天気に不足不満を言うまい・・・とは分かってはいても落ちてくる雨粒が恨めしい。

定期の舞台もこれで最後かと思うと本人も寂しいようで、しきりに「行きたくないなぁ・・・」とぼやく。

集合時間に間に合うように家を出て、一足先に会場へと向かう銀子。

暫くの間、大地を叩きつけた雨が、不思議な事に止んだ。

10時前にはお手伝いをする保護者も集合する。その頃にはすっかり雨もあがり、蒸し暑さに全身の毛孔から汗が吹き出す。

一通りの手順や役割を再確認して、準備に取り掛かる。

お父さん方の役割はほとんどが場内整理や案内係。

ご来場頂いた皆さんに演奏を楽しんで頂けるよう、笑顔でお出迎えするのが重要なミッションになる。

早目の昼食を済ませ、大手町にある花屋CYP(サイプ)さんにお願いしておいた花束を取りにお伺いする。

サイプの旦那さんと話し込んでしまい、危うく時間を忘れそうになる。

12時半を過ぎた頃から、ご来場者さんの姿が目立ちだした。

そろそろ親父の出番である。入口の案内や行列への割り込み注意や、気分が悪くなった人へのサポートもする。

バスが着くたびに行列は長くなり、次第に会場の敷地外まで伸びる。

大勢のお客さんが並んでくれる光景に、ここで泣く。

今回は、これでもか!!というくらいのしつこい宣伝をした事もあり、大勢のブロガーさんやフェイスブックの友人が来て下さった。

市内はもとより、遠くは世羅方面や県北から。

呉方面からは、原付バイクで1時間もかけて来て下さったり、職場の人に声をかけて誘ってくれたりと大勢の方がご来場下さり、周辺はさながらプチオフ会の様相になる。

吹奏楽のステージを初めてご覧になる方も多く、否応にも盛り上がってくる。

皆さん一人一人をご紹介したいところであるが、どなたかが漏れたら大変なので省略しよう。

会場で記念写真を撮って喜んでいる保護者はオレだけであったが、気にしない気にしない。

来て頂いた皆さんに楽しんで頂かねばなるまい。

1時15分の開場前には列は更に伸びて、敷地外はおろか離れた交差点まで続く。


後15分開場を遅らせたらどこまで列が出来たことやら。

2時前、一通りの入場が済んだところで、舞台袖から場内を見てみると、一階席は8~9割方埋まり、2階席も両端に空きが目立つ程度で結構な人出であった。

その光景を見て、ここで泣く。

午後2時、定刻に開演。

以前聴いた時に感じた感想は息を潜め、持ち味の爆音が心地よい。

良い意味でも悪い意味でもこれが持ち味なので、聴いていて落ち着く。

オープニングは舞台袖でこっそり聴いていたが、近すぎて全体が見渡せないので一階後ろに移動する。

白鳥湖で涙して、アパラチアの春で再び泣く。

もうアカン。。オレ泣きすぎ・。。

何度も目頭にハンカチを押し当てては、子供達の演奏する姿を瞼に焼き付けた。

休憩を挟んで第2部のステージは2階に移動する。

趣向を凝らした演出でバレーやダンスも見せてくれる。

タップダンスは銀子の出番。

あの運動音痴の子が、こんなダンスを踊れるようになるとは・・・ここでも泣く。

プログラムも進み若さが弾けるステージも時間と共に終わりが来る。

楽しい音楽の時間もそろそろ終わり。

曲間に再び1階に移動してアンコールで泣く。

幕が下りると同時に出口に向かい、お礼の挨拶とお見送り。

皆さんの楽しそうで満足された顔を見て、こちらが嬉しくなる。

部員一同もロビーに出てお見送り。中には涙する子も大勢居て、それを見て親父は三度泣く。

後片付けも終わり、全員が揃ってのミーティングでは「家に帰るまでが、定期演奏会ですよ」との先生の言葉にオレが頷く。

最後は、抱えきれないほどの差し入れやプレゼントの山や、見た事もないような花束を抱えて笑う銀子の写真を撮って解散。

外を見ると空からは雨が降り出していた。

何と、開場前の数時間だけ雨が止んでいて、終わる頃に降り出すというドラマチックな演出が最後に待っていたのであった。

こうして、銀子が高校生活最後の定期演奏会は無事終えることが出来た。

折角の日曜日にわざわざ足をお運び下さった皆様に、心からお礼申し上げます!!

超満員とまではいかないものの、ここ最近ではなかった位のご来場者数みたいで、子供達も沢山の拍手を頂けた事が励みになると思う。

舞台から見た銀子の感想。
「こんな大勢のお客さんを見て泣きそうになった」

皆さん、本当にありがとうございました(__)

広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでした

この感動は宝物だよ(*^_^*)

一生懸命だからこそ味わえる!!

最高!! 銀子chan\(^o^)/

銀子お疲れ様
次はコンクールだね

3年生にとって長く部活を楽しむ方法はただ一つ
勝ち進むこと

頑張れ♪(゚▽^*)ノ

銀san 泣き疲れたでしょ(笑)

銀蔵さんの立場をオイラに、
銀子ちゃんの立場を娘に置き換えた瞬間、
ジワッと来たのは内緒にしといてください。
さらに、この記事を見てウルっと来たのも併せて内緒にしといてください。


吹奏楽でもスポーツでもなんでもいいんで、我が娘には
『何かをやり遂げる』という、やり遂げた者にしかわからない感動を味わえる人間になって欲しいな。

ひめちゃんへ

どうもありがと~☆”

続けてこれたのも、良い仲間に恵まれたからこそでもあるかな・・

どの子も最高やったよ!!

終わってロビーで出会った時は、ハイタッチして言ったよ。

おまいら最高~って☆

さいこちゃんへ

どうもありがとう~!☆!

お陰様で大きなイベントが無事済んだよ!

そうそう!県大会で終わったらそこまでやけど、勝ち進んだら秋まで続けられるね。

明日からはコンクールに向けたオーディションが始まるみたいなので、熱い夏の幕が開くよ~

Dr.でぶさんへ

そうそう!!ほんまにそうやと思いますよ!!

子供の成長する姿って親にとっては何物にも替え難いものがあるし、それをサポートする喜びや楽しさもあるもんね~☆

しかしまぁ、皆さんに楽しんで頂けてオレも嬉しいですよ!!

子供達の一生懸命な姿って、心を打たれますもんね・・

次は修道のコンサートがありますので、よかったらご一緒しませんか??ww

はじめまして♪

島根から おじゃまします。
ブラスネタにつられて あちこち見ているうちに 迷い込んで 泣きそうになってます。

「保護者」という立場で関わると、自分がステージに立つのと違う緊張感と、こみあげてくるものがありますね。

中1の長女も、 母校で コンクールに向けて 疾走中。
今年は 普門館が使えなくなって がっかりしています。

親の力はすごいですねぇ。
呉から原付、それはDR.でぶさんですね。
あの人もすごいなぁ。

ぴーよこちゃんへ

初めまして!
コメントをありがとうございます!!

同じ吹部の保護者さんからコメントを頂けるのは嬉しいですね~♪

おっしゃる通り、保護者の立場で観るステージは自分が立つのとか違う緊張感や楽しさがありますね~!

中1のお嬢ちゃんが吹奏楽部でコンクールに向けて疾走中とは楽しみですね。

お互い熱い夏になると思いますが、エールをお送りします(__)

時々、吹奏楽ネタを書いておりますので、またお気軽にコメント下さいね!!

金星さんへ

う~ん・・・どうなんでしょ・・・

親と言っても父親はほとんど飾りみたいなもので、お母さん方の力の方が大きいような気がしますよ(・・

でぶさん、すごいでしょ!!

まさか原付で1時間かけて来てくれるとは・・!!

おまけに帰りが雨やったもので、事故なく帰宅されてホッとしましたよ(^<^)

銀子ちゃんのご卒業おめでとうございます!
で、良かったですかね・・?

お父様である銀蔵さんのその涙、ふか~くふか~く感じ
すご~くすご~く理解できます^^
いずれにせよ、次への旅立ち。
演奏会が終わって、ひとつのドラマが終わっても
また次への一歩を踏み出されたわけですよね。
改めて、おめでとうございました!

kanさんへ

まだまだ卒業してもらってはちょっと困りますねぇ~(^<^)

吹奏楽部は「定期演奏会」と「コンクール」が山場でして、その定期の方が終わったのですよ。

次はコンクールで、県大会→中国大会→全国大会→引退みたいな流れになります。

今しか観ることが出来ない子供の成長を一緒に過ごす事が出来て、お互い幸せですよね~!!

検索フォーム

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。