スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

其々の人生劇場

広島ブログ
船底から聞こえてくる音が変わったことで、スピードが落ちたことに気が付いた。

海面を切り裂くように進んでいたフェリーに当たる波も、心なしか穏やかになったように感じられた。

上陸が近いのかと思い、起き上がって窓の外に目をやると、水しふきか、霧か分からないがひどく視界が悪い。

遠くの山に目を移すと、新緑が冴えわたる木々の中に、赤いものが交じって見えた。

山と山の間に横たわるのは大きな橋。

世界でも珍しいループ橋の名前が「音戸大橋」と後から聞かされた。

広島県呉市と倉橋島の間は「音戸の瀬戸」と呼ばれ、海の難所とも言われているらしい。

橋が架かっていない当時は、渡し船が生活の重要な足になっていたと聞く。

その、音戸の瀬戸に架けられたループ橋とは、海の上に架かっている。

フェリーが通行するために、橋を高くする必要があるが、その難問をクリアしたのが「ループ橋」である。

呉市側と、島側でグルグル回って上に行けるように道路を作る。

道路の上側がフェリーの通行に邪魔にならない高さまで来ると、両側を橋で繋ぐ。

人類の英知を結集したような橋が「音戸大橋」と言える。

写真は呉市よりお借りしました。
58f408da-aab2-487b-b1e1-3378aa8d514c.jpg
写真手前が音戸側で向こうが呉市。

竣工は1961年というから、オレと同い年。

自分と同い年の橋が、段々と近づいてくる。

船長の巧みな操舵で音戸の瀬戸を抜けると、呉の桟橋まではすぐに着く。


丁度33年前の今日、松山発、呉行きのフェリーで広島に向かったオレを出迎えてくれたのが、赤い音戸大橋であった。

今の銀子と同じ当時17歳。

あの頃、何を夢見ていたのか今では思い出せない。

不安と期待と出鱈目がシェイクする中で「広島も面白そうやん」

ただ漠然とそんな事だけ考えていた。

あれから今日で33年。

まさか、自分がここに居ついて結婚し子供が産まれ、吹奏楽の追っかけに勤しむことになろうとは、考えてもみなかった。

振り返ってみれば、平穏な日々どころか波乱万丈で、友人に言わせると「ジェットコースターみたいな人生」であった。

叶うのであれば、平凡で波風たたず、ノホホンと昼寝三昧の生活が望みであったが、これも一つの人生劇場であったのかも知れない。

広島湾から遠くに聞こえてくる霧笛を耳にしながら、そんな事を思い出してみた。

あなたにも、どんな人生劇場がありますか?

銀子、高校最後の定期演奏会。
24回定期
子供達を満員のお客さんの前で演奏させてあげたい。

ご都合が合う皆さんのご来場をお待ちしております(__)是非、聴いてあげてください(__)

広島ブログ

Facebookのバナーも付けてみた。
良かったら「いいね!」も押してね。

コメントの投稿

非公開コメント

さすが作家さん!
上手いわ~~。
銀ちゃんの人生劇場を目の前で観劇させていただいた感じ!
私のはこれから開演です。

aaconeeさんへ

う~ん・・・
まだ書き物だけで生活しているわけではないので、そう言われるとこそばゆい気が・。・

aacoさんが書くアルプス地方の情景描写も楽しみにしてますよん!

文章を読むだけで、その場に居るような錯覚を起こさせるのを期待してますね~

ノホホンと昼寝三昧の生活って
あんまり銀sanのイメージじゃないよな( ̄‐ ̄*) 

銀sanだからジェットコースターみたいな人生だったのか
そんな銀sanだからジェットコースターみたいな人生だったのかわかんないけどね~

私なんてスカイダイビングのような・・・
  Σ(-∀-;)落ちてるだけじゃん

さいこちゃんへ

う~ん。。。どうなんでしょうか・・・

ニワトリが先かタマゴが先か位哲学的な分野になりそうな気がするよ。

スカイダイブのような人生か・・・

それも勇気が沢山要るね。

一緒に昼寝する?zzz

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。