スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニミニ債券講座

広島ブログ
昨日の日経で、マリナーズのイチローが爽やかに微笑みながら「夏の個人向け国債」の宣伝をしていた。

復興国債の募集で、3年・5年・10年とある。

国債とは国が債券を発行して、購入者からお金を借りる。

償還期限が来たら利子と元本を返還してくれる債券で、国が発行者であれば「国債」

会社が発行者であれば「社債」。地方自治体であれば「公債」とも呼ぶ。

償還期限が3年と5年物は固定金利で10年物は変動金利となっているのは、通常発行される国債も復興債も同じ。

利率は3年物で0.07%

5年物で0.19%

10年は変動で初回0.57%

その他に「復興応援国債」なるものがあって、こちらは同じ10年でも0.05%とメッチャ低い。

銀行預金が0.02ほどなので、どう考えても0.05に大きな魅力を感じないが、財務大臣から感謝状が贈られるらしい。

また復興応援国債では3年後の保有残高に合わせて金貨・銀貨をくれるという。

1000万円の残があれば一万円金貨1枚。

100万円ごとに千円銀貨を一枚くれるという。

嬉しいような嬉しくないような・・・

まだ金の斧賞と銀の斧賞の方が喜ばれたような気がするよ。

さて、以上を見て分かるように、3年・5年より10年の方が利率が高い。

これは何を意味するのかといえば「変動利率」である事による。

半年ごとに金利の見直しがあり、初回の利率より下がるリスクもあるので一番高い。

固定金利の場合は変動より少々高くても、金利が下がるリスクはないが、金利が上がった場合その恩恵を受けることが出来ない。

利払いは年に2回で中途換金は発行から1年経過後から可能となる。

利払いが年に2回もあるのか・・・なんて喜んではいけない。

何故か?

聡明なドアを開けろ読者の方はお分かりと思うが、複利効果を得られないからである。

これは毎月分配型の投資信託も同じで、どうせ運用するのなら、単利より複利でなければならない。

しかし、復興債のように震災の復興に役立ててもらえるのなら、運用のことは忘れて購入するのもありかと思う。

ちなみに、上記は全て税引前の利率なのでお間違いなく。

こう考えてみると、国債より保険商品の方が予定利率も高く、税金面でも優遇されているのがよくわかるが、耳を傾けてくれる人は少ない。

また金利が変動するのは、債券の人気(?)に左右される。

国債の人気が無くなれば売られて長期金利が上昇する。

では、変動10年物を保有している人が喜ぶのかと言えば、そう単純にはいかない。

まず、変動金利で住宅ローンを組んでいる人は、毎月の返済金額が増えるので国債の利率が上がったところで、吹っ飛んでしまう。

企業でも変動で借りていれば、利払いだけでアップアップすることになりかねない。

会社が借入金の返済で手一杯になれば、ボーナスが増えるどころの話しではなくなるね。

こうなると、お父さんに文句を言っても始まらないので、国債と金利のシステムは覚えておきましょう。

他にも、金利が上昇すると将来、国債の利払いが増えることになるので、国家の信認にかかわるようになるのは、ギリシャがお手本を示してくれている。

一見、自分と関係のないところで動いているように見える金融マーケットの動向は、実は我々庶民に大きな影響を与えることになるので、無関心ではいられないのである。

以下宣伝
銀子、高校最後の定期演奏会。
24回定期
子供達を満員のお客さんの前で演奏させてあげたい。

ただそれだけなので、あなたのスケジュール帳の6月24日に書き込んで頂ければ嬉しい(__)

景雲堂書店さんで古本オーロラやってます。
120420_1646~01
中区本川町1丁目1−28

FuriFuriしっぽ♪のくぅーさんノビコさん新築の家をネコにジャックされたずこちんさんと4人でやってます。

来てね~!

広島ブログ

Facebookのバナーも付けてみた。
良かったら「いいね!」も押してね。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。