スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝播する情熱

広島ブログ
中庭を囲むように3階建ての教室が4棟建っていて、一棟は講堂と体育館である。

体育館の一階部分には畳が敷いてあり、柔道部の練習場になっている。

2階部分はバスケットやバレーの練習が出来る。

L字型に接する体育館の2階と教室の間には、渡り廊下が架かっていて、その下は中庭に抜ける通路になっている。

渡り廊下の上から下げられたブルーシートは、風でパタパタしないよう、椅子と机で押さえられてあった。

ブルーシートで囲われた渡り廊下の内側には、椅子と譜面立てと打楽器がスタンバイされ、生徒が着座するのを待っていた。

楽器や備品を収める倉庫は別の棟にある。

その棟へ行くには、急激な坂道を上がり、道路を横切り、小川に架かる橋を渡り2~30メートル歩いた教室の3階まで行く必要がある。

エレベーター等ないので勿論階段で登る。

子供達は毎回楽器庫から大きな楽器を持ち出しては階段で降ろし、橋と道路を渡って坂道を下り、渡り廊下の下にセットして合奏が始まる。

練習が終われば、出した時の逆の手順で、楽器を抱え3階までの階段を登り、元あった場所に収める。

何回も何回も毎日繰り返し・・・


土曜日に用事があったので銀子が通う学校に行ってきた。

そこで初めて目にした簡易練習場の光景は、親父のハートを突き刺した。

ブルーシートで覆われた簡易練習ホールは、もはやホールと呼べるようなものではない。

吹き晒しなので、冷房も暖房も当然ないし、風も吹くし雨も吹きこんでくる。

音楽室が狭いので、こうやって楽器を運んでは簡易ホールを作り上げ、毎日の練習に励んでいた。

恵まれない環境どころの話しではない。

自前の練習場さえない中での練習。

知らない人が見たら、こんな学校の吹奏楽部が全国大会を目指しているとは到底思えない光景である。

所さんの笑ってこらえてと言う番組の吹奏楽の旅コーナーで「恵まれない練習場編」みたいな企画があれば、間違いなく採用されるのではないか?

「この子達、毎日こんなところで練習してたのか・・・」

銀子から聞かされてはいたけれど、初めて目にした光景に心が痛んだ。

勿論、これは銀子達だけでなく、歴代の先輩達も同じこと。

同じ条件で同じ場所で同じ夢を見ながら日々の練習に励んでいたのかと想いを馳せると、こみあげてくるものがあった。

どうして、こんな恵まれない中でも生徒達は目標を目指せるのか・・?

ひとえに先生の情熱ではないかと推測する。

毎年、年間行事表なるものを渡される。

その中には、練習場所や役割分担や日程もこと細かく書き込まれている。

定期演奏会に夏のコンクール日程に、最後は必ず10月の終わりに「全国大会」とある。

「全国大会に行きたい」という夢ではなく「行く」という目標を顧問の先生が掲げているから、生徒も保護者もついていけるのではないかな。

いつか銀子が言ってた。

「先生に全国大会の舞台で指揮棒を振らせてあげたい」と。

情熱は生徒にも伝播し、巻き込む。

無事にフルートフェスも終えた次は、定期演奏会に向けて情熱を燃やしているのである。

吹奏楽部万歳!♪

そんな銀子、高校最後の定期演奏会。
24回定期
子供達を満員のお客さんの前で演奏させてあげたい。

ただそれだけなので、あなたのスケジュール帳の6月24日に書き込んで頂ければ嬉しい(__)

景雲堂書店さんで古本オーロラやってます。
120420_1646~01
中区本川町1丁目1−28

FuriFuriしっぽ♪のくぅーさんノビコさん新築の家をネコにジャックされたずこちんさんと4人でやってます。

来てね~!

広島ブログ

Facebookのバナーも付けてみた。
良かったら「いいね!」も押してね

コメントの投稿

非公開コメント

情熱伝わりました

先生の情熱が銀子さんに伝わり、それが銀蔵さんに伝わり、私にも伝わってきました。全国大会目指して頑張って下さい!!!

フルートファンさんへ

コメントありがとうございます~♪

練習環境は恵まれておりませんが、お陰様で人との出会いに恵まれているのは銀子の宝のように思えます。
フルートファンさんも演奏をされるのですか??

また気軽にコメント下さいね~♪

N島先生が

1番生徒に好かれてる顧問でしょうね。間違いない。
恵まれない練習場は確かにね。娘も女子高なのに
小さな女子達だけで毎回3階から提げて講堂まで楽器を
運ぶ姿が思い出されます。でもね、毎回で慣れてるからか
父兄が思うほど辛くないようですw
そして、思った以上に力持ちになっていますw

⑦パパさんへ

たしかに・・・

銀子曰く
この3年間で身に着いた一番は力こぶと言ってましたw

ほんとに、みんな頑張っていますよね。
私学だからお金がある?というのは真っ赤なうそ。
古い校舎に古い楽器、不満足な練習場であれだけの結果を残している子どもたちに拍手です。
うちも、合奏だけは音楽室でできますが、マーチングは中庭かサンプラザの裏の公園。
大会前には加計など遠くの体育館を借りることもしばしば。
最後の追い込みに向け、力が入っています。

チェリーさんへ

そうそう!!
私学=吹奏楽=恵まれた環境、なんて大嘘の幻想ですよね!!

生徒も保護者も学校もカッツンカッツンの状態ですもんね・。・

マーチングなんかどこで練習するのかと思ってたら、サンプラザ裏の公園ですか・・

近くに民家があったら遅くまで練習出来ませんよね。

合奏以上に練習場所の確保が大変と思いますよ!

日曜日楽しみにしてますよ~♪

検索フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。