スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンカを売られましたヨ

広島ブログ
昨日のことであるが、この記事を怒りにまかせて書けば実名を挙げて書いていたかも知れないほど、理不尽な内容。

オレとかなり親しい人が、ある会社を辞めた。

特にトラブルがあったわけでもなく、退職日の一か月前には届出を出しての円満退社であった。

退職する日には、「お世話になりました」と挨拶を済ませ、返還するものは返した上で、離職票の発行をお願いしていた。

「取りに伺いますので、ご連絡下さい」と伝えてあったところ、宅急便で離職票が届けられた。

しかも着払いの上、料金は何と!!740円!!

信書にあたる離職票を宅急便で送った挙句、着払い?

同じ市内の中区~中区で740円ってどうなの??

受取人が「宅急便で送ってくれ」と言ったのであれば納得できるが、「取りに伺う」と伝えてあるのに着払いの宅急便で送ってくる。

これは、どう考えたところで、ケンカを売られているとしか思えない。

最近はどちらの会社でも経費節約で無駄なお金を使わないのは理解出来る。

しかしだな・・・

A4封筒の書類を郵便で送っても120円。

それにかかった120円は必要経費で計上が認められるので、120円負担したところで、来年の税金が少なくなるだけ。

会社に大きな損害を与えるとは到底思えない。

また信書を宅急便で送るのは法律違反になる。

百歩譲って、発送する担当者の認識不足で送ったとして、郵便で送れば120円。

メール便でも80円のところが、どうして宅急便の着払いで740円?


どなたか、このような経験をお持ちの方っていらっしゃいます??

明日、会社側に詳しい経緯を訪ねるらしいが、場合によっては訴訟も辞さずの構え。

おまけに「訴訟の実況中継を手伝ってくれ」というから、怒りは収まらない様子である。


ボタンの掛け違いで感情的になるのは分かるが、会社側もリスクを考えないのかね?

単なる誹謗中傷であれば無視すれば済むが、法律違反で訴え出られたら、イメージダウンが避けられない。

おまけに「法律違反」の事実があれば、逃げ隠れすることも難しいし、事実をネット上で公開されたとしても名誉棄損が成立するのかどうか疑わしい。


郵便代金の120円をケチって訴訟に発展?

加えて、会社のファンを数名は失くすことになるが、これは賢明な経営方針というのだろうか?

会社経営に詳しい方のご意見があればお聞かせ願いたい。



景雲堂書店さんで古本オーロラやってます。
120420_1646~01
中区本川町1丁目1−28

FuriFuriしっぽ♪のくぅーさんノビコさん新築の家をネコにジャックされたずこちんさんと4人でやってます。

来てね~!

広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

顛末が気になります。
後日談もぜひ。

書類の配達って郵便局の独占かなんかで
宅急便では扱えないんじゃなかった?

普通ではないと思います。
着払い、ありえん


でも、知っている会社で、
年末調整をしてくれない、ところ知っています。源泉徴収票ももらえません

経理上、どういう処理をしているのか・・・???
多分、詐欺に近い行為だと思います。

それはお怒りでしょう。
先々のことを考えず、こんな嫌がらせを平気でするバカはたくさんいます。
やめることをイイコトに、
何を言われているやらわかりませんね。

ご友人がどれだけ我慢して誠実に対応してきたかわかります。

まさちゃんへ

後日談、書く気満々なので乞うご期待です!!

今日、会社側から連絡が入る約束やったみたいですが、今のところ無視されているようですね。

泣き寝入りなんてしませんよ~(^<^)

さいこちゃんへ

信書の取り扱いは日本郵政でしか出来ませんね!

信書とは特定の者が特定の相手にだす書類なり文書なりで、ダイレクトメールなんかは信書にあたりません。

離職票なんて信書そのものなんで、完全な違法になるし、着払いで送りつける意味が分かりませんね!!

ぎぢえさんへ

でしょ!!?

することが常識外れで理解に苦しみます。

完全な嫌がらせとしか思えませんね・・・

円満退職した人間にする仕打ちでしょうか・・??

nancyさんへ

そうそう!!

退職した人が立場変わるとお客さんになるのに、どうしてファンを減らすような仕打ちをするのか、不思議でなりません。。

泣き寝入りする積りはまったくありませんので、後日談を乞うご期待!!

検索フォーム

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。