スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金の斧と銀の斧・その3

広島ブログ今日も応援のポチッとありがとう!

「働くとは、傍の者を楽にしてあげる事に通じるのか・・・」

「よしっ!!オレも東北にボランティアに行く!!!」

神様の言葉を聞いて心を新たにした木こりは、ダイアモンド並みに固い決意を胸にした。

幸いな事に、木こりは山仕事で鍛え上げた頑強な体がある。

飲んだくれていた期間もあったが、元々の基礎体力が違うので早速旅支度を済ませ、東北地方に向けて歩を進めた。


数日間歩き続けた木こりは、体力と空腹が限界に来ていた。

番地表示を見て、宮城県仙台市に入ったことは分かったが、とにかく空腹を満たさなくてはならない。

しかし、持ち合わせの金がない。

そんな時、視界に飛び込んで来たのが、フルーツ屋の軒先に並ぶ果物の数々であった。

赤や黄色、色とりどりの果実を目にするだけで喉が鳴る。

じっと食べ物を覗き込む木こりの様子を果物屋の人が見ていた。

「どうかなされましたか?」「顔色が悪いようですが、大丈夫ですか?」店の人が木こりに尋ねる。

武士は食わねど高楊枝・・・等と気取っている場合ではない。

ボランティアをする目的を果たすためにも何か口に入れる必要がある。

「はい・・・実は何も食べてなくておなかが減りまして・・・」恥ずかしさの余り相手の目を見て話せない。

口に出した後で後悔したが、すでに遅かった。

その言葉を聞いた果物屋さん。

「それは大変でしたね」「これで良ければ一つどうぞ」そう言って真っ赤なリンゴを一つ木こりの手に押し込んだ。

更に戸惑う木こりを店の奥に招き入れ、コーヒーカップを取り出して、フィルターを重ねて粉を入れ、その上から熱いお湯を注ぎこみ、差し出してくれる。


褐色の液体からは、芳醇な香りが立ち込め疲れた体の細胞まで癒してくれた。

甘い果肉と、コーヒーで満たされた木こりは不思議に思った疑問を口にする。

「どうして見ず知らずの私に、このようなご親切をしてくれるのですか?」

すると、果物屋の奥さんが満面の笑みの中で答えた。

「人間には助け合う遺伝子が組み込まれているのですよ」

「助け合うのは当然です」と。

木こりが持ったコーヒーカップが震えた。

頭を下げて手にしたカップの中に、目頭から洩れた液体が数滴落ち、一口すするとほろ苦い高級ブレンドコーヒーの味がした。

それから後、東北地方の復旧現場では、身を粉にして働く木こりの姿があちらこちらで目撃されたそうな。

おしまい。

以上、創作「金の斧と銀の斧」のお話しでした。





さて、話しはコロッと変わるが、ドアを開けろ読者の皆さんは覚えているかな?

今月末にプレゼント企画を発表する予定があった事を。

ブログ開設5周年に、広ブロ登録2周年に、拍手150オーバー記念の大プレゼント企画の概要が決まった。


その名も「金の斧」と「銀の斧」プレゼント企画と命名した。


何を、どのような形でプレゼントするかを相当悩んだが、送った人も送られた人も喜んで貰えた上に、震災復興に役立つような商品を思いついた。


何をプレゼントするかは、まだまだ秘密にしておくが「金の斧」と「銀の斧」各1名様に当選するように考えている。

申込みは後日発表する「金の斧賞」&「銀の斧賞」の記事と考えているので、フライングでこちらに応募コメントをしないように。

では、後日の発表をお待ちあれ!

広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

ふっふっふ 私概要なんとなくわかっちゃった❤

愛してるわ銀蔵さん❤

よっちママさんへ

やっぱり??

さすがよっちママ、鋭いね・・

オレも愛してるわん❤

(✪ฺД✪ฺ) 果物屋の奥さん?!

昨日楽しみにしていたスペシャルのドラマを見ながら
櫻井くんより先に華麗に謎を解き明かした私だけど

仙台の果物屋さん? くう太郎san?
って そこばっかり喰い付いて
「 ウフフなんだろ~ 」 って考えることが出来ないわ

仕方ないから大人しく後日を待つね
ま 日頃から大人しいけど♡

くう太郎さんへ

んん??

何が始まったんですかねぇ~・・・

さいこちゃんへ

何が始まるんですかねぇ~・・

発表したら、ブログでも宣伝ヨロシク☆”

もちろんd(⌒ー⌒)!
お任せあれ♪
ガンガン宣伝しちゃう

さいこちゃんへ

頼りにしてまっせ~!!(^<^)

検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。