スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風と桶屋の関係

広島ブログ今日も応援のポチッとありがとう!
日経平均株価が回復してきたね。

今日の終値で10000円台に手が届くところまできた。

原因は後講釈で何とでも書けるので、そんなことはエコノミストに任せよう。

さて、株価が回復したところで、株もやってない人には関係ない・・・とよく聞かされるが果たしてそうかな?

まずニュースで取り上げられる日経平均というのは、日経新聞社が選んだ東証1部の225種の平均株価のこと。

この225種は日本を代表する会社ばかりなので、指標として使われている。

225採用銘柄は、時々見直されることもあるので、いつでも同じ会社が採用されるとは限らない。

まっ、そんなことはどおでもええんです!

株価が回復すると、我々にどのような影響があるか考えてみたい。

風が吹けば桶屋が儲かるとの諺もあるくらい、連想ゲーム要素がある。

まず、株式が上がればどうなるか?

資産として株式を保有している金融機関や会社などは、含み損が減るか含み益が増えることになる。

含み益が増えると、配当金を多く出す会社もあるし、従業員に還元させる会社もあるし、設備投資に回せる余力も出てくる。

つまり、ピーピーの状態から抜け出して、懐具合に余裕が出てくる。

こうなると、企業を取り巻くお金の流れがよくなるのは想像出来るね。

オラが街で一番大きなグローバル企業といえば、自動車メーカーのマツダがあるが、マツダの業績が悪く株価も上がらないと、企業城下町であるあちらこちらの会社に影響がある。

反対に業績絶好調でバンバン仕事が入いれば、お金も回るしその恩恵はまず従業員にいく。

働く人の懐が暖かくなれば、可処分所得が増えて消費に回るお金が増える。

今までは月に一回、一人1000円以内の外食が、1500円にバージョンアップするかも知れないし、ファッションセンターしまむらで買ってた洋服は、プラダかグッチの門を開けるようになるかも知れない。

また設備投資のお金が増えると建設業が潤う。

ここで働く職人達は、とにかくよく食べてよく飲むので周辺の飲食業は潤いを取り戻す。

もっとも良いことばかり書いたが、全てがこうなるわけでもない。

中には、出た利益を内部留保してしまい、一切外に出したがらない会社もあるから、ここら辺は税制も関係してくるね。

加えて、株価なんてものは永遠に上がり続けるものでもない。

いつか下がる時が来るから、それへの備えも必要になる。

もうひとつ、日経平均が上がったからといって、すぐに我々の生活に影響することもない。

平均株価は数か月先の先行指標として考えられるので、明日10000円になったからといって、いきなり給料やボーナスが増えるわけでもない。

それでも、株価が回復すれば以上に書いたことは十分考えられる。

風と桶屋の関係にたとえるなら、株価が上がれば、小売が儲かるともいえる。

株をやってない人でも株価は無関係ではない。
広島ブログ


コメントの投稿

非公開コメント

そうなんだ~よくわかりました。
確かに株価が上がったと聞くけど、
あんまり関係ないやって思ってたとこなの。
せっかく聞いたのに忘れたけど、解説では
なんか不自然な上がり方だったような気がする。
それはエコノミストの後付け・・・気にすることないのか・・・
株価とかって、どうも操作されてるイメージが強い。
実態と違った動きって、却って経済が病みそうな気がする。
何も知らない癖に言ってみた。

aaconeeさんへ

> そうなんだ~よくわかりました。
> 確かに株価が上がったと聞くけど、
> あんまり関係ないやって思ってたとこなの。
> せっかく聞いたのに忘れたけど、解説では
> なんか不自然な上がり方だったような気がする。

う~ん・・・良い質問ですね~!不自然というか急激に来た感じはするね!

急激に上がると、下げも急激に来るから手放しで喜べない面もあると思うよ。




それはエコノミストの後付け・・・気にすることないのか・・・
> 株価とかって、どうも操作されてるイメージが強い。
> 実態と違った動きって、却って経済が病みそうな気がする。
> 何も知らない癖に言ってみた。

株価が操作されるのは、昔も今もあるけど、それは個別株だけで、日経平均はインサイダーも居ないし、操作自体が無理なんですよ。

株価指数は実体経済の先行指標としても考えられているので、市中の我々が恩恵を感じるのはまだ数か月先になると思うよ。

もっとも、今の上昇相場が維持できればの話しですが・・

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。