スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島ブロガーを訪ねて

広島ブログ今日も応援のポチッとありがとう!

オレのいい加減で出鱈目な記憶装置に間違いがなければ、たしか一昨年のことである。

悪役俳優の柿辰丸さん
「広島ブロガー」を訪ねて・・・と言う企画を考えた。


広島に在住するか、他の地域にお住まいでも広島に所縁がある、広島の事を書いている等の条件をクリアすれば登録できる広島ブログ。

ここに登録するのはどちらのブログサービスでも問題はない。


同じブログサービス同志であれば足跡機能で行き来も増えるが、他のサービスをご利用の方と知り合う機会は少ない。

ところが「広島ブログ」に登録すればそんなジレンマはなく、どちらのブログサービス利用者さんとも行き来が出来る。


登録ブロガー数は5000を超えて、一日のページビュウーもかなりの数に上る。

バナーをクリックしたり、して頂いたりするうちに、気になりだす事がある。


「このブログを書いているのはどんな人?」と。

もちろん、皆さんが個人情報をさらけ出しているわけではないので、限界もあるがお店や商店の方であれば、訪ねて行く事も可能である。

そんな楽しい企画を柿辰丸さんがやり始めてブログにアップしだした。


おもしろそうやん。。。

オレもやりたい!!

しかし、一人で行くより二人の方がインパクトがあって尚更面白い。

アポなしで、仕事中の迷惑も考えず突撃訪問をして驚かせるのが基本である。

去年の今頃も柿さんと二人で突撃訪問を繰り返しては遊んでいた。

最近になって、柿さんも忙しくなったので、突撃訪問は久しく途絶えていたが、きっかけは某学校の吹奏楽定期演奏会。

これが広島市北部の会館で行われた。

これに柿さんも行くというので、ある提案をしてみた。

「一緒にとあるブロガーさんを訪問しませんか?」と。


とあるブロガーさんとは、いつもこころはひま日和という日記を書いている、通称「ひまちゃん」

広島の方はご存じと思うが、ひまちゃんは脳性マヒという重い病気にもかかわらず、人を明るくさせる詩を書くポエマーさんである。

お住まいが少し遠いのでお会いする機会もなく時間が過ぎた。

そんなひまちゃんの最愛のパートナーが先月お亡くなりになり、ブログ更新が止まってしまった。

悲しみに暮れるひまちゃんに喜んでもらえる事はないものか?

ちょうど近くにお住まいのはるめさんに相談したところ、ひまちゃんに内緒で突撃訪問計画が起こったわけである。


午前9時。
家を出発して、柿さんと待ち合わせ場所であるゆめタウン吉田店を目指す。

途中でFasebookのチェックイン機能を使いながら、ステアリングを北に向ける。

時間通り待ち合わせ場所に到着。

夢しょぼうさんのとうちゃんにご挨拶を済ませた後、ひまちゃん宅を目指す。

はるめさんに教えてもらってたので、すぐにわかる。

呼び鈴を押すと、中から返事が返ってくる。

お母さんが出て下さって、柿さんが訪問の旨を告げると、ひまちゃんすぐに気が付いた。

ブログでの行き来はあるが、お互い初対面で思わずハグ。


ひまちゃんの目に一滴の光るもの。

ひまちゃん、泣くなよ!!

オレまで泣けてしまうやんか!!

とら吉さんのご霊前に手を合わせ、色んな話しを聞かせてもらう。

アッという間に時間は過ぎ去り、次の目的地に向かうタイムリミットがやってくる。

「また必ず会おうね、それまでどうかお元気で」

握りしめた手の暖かさが、心の奥底まで伝わってきた。

広島ブロガーさんの中には、ひまちゃんの事を気に掛ける方が沢山いらっしゃると思うが、皆さん、ひまちゃん元気ですよ!

P1160291s.jpg
広島ブログ
スポンサーサイト

人の行く裏道

広島ブログ今日も応援のポチッとありがとう!
当ブログでは人気がない金融ネタ日記です。


皆さんも報道でご存じと思うが、厚生年金基金の運用先であるAIJが2000億円を超える損失を出した件の続報として、厚労省と旧社保庁の人間が721人も基金側に天下りをしていたと今朝の日経に出ていた。


まず、第一のボヤキであるが、721人もの天下りって必要なの??

続いて第二のボヤキであるが、その人達の9割は運用が未経験と言うから驚きを通り越す。

FPや証券アナリストの資格さえない人がほとんど。

これで、年金の運用なんて勤まるの??

それならオレでも出来そうな気がするよ!

喩えるなら、昨日免許証をもらった人が、自動車保険も入らず、シートベルトも締めずにフェラーリをかっとばすみたいな感じ?

そりゃあなんぼなんでも無茶無謀という。

もっとも、解説だけ上手いFPやアナリストは掃いて捨てるほど居るが・・


AIJが巨額の損失を出したことで、業界では独立系の運用会社は避けて、金融機関の系列投資会社を選ぶ傾向があるとか・・

これもおかしな話しで、独立系が悪くて系列なら大丈夫・・・なんて「夢幻の如くなり」ではないか。

こんな人達が大切な年金を運用しているのかと思うと、背筋が寒くなるね!!

保険会社の運用担当者の方が、10000倍プロに徹していることが分かっただけでも、お客さんに自信を持って勧めることが出来るようになったのは皮肉な結果である。

リーマンショック後に国営放送で流された事件があった事を覚えてらっしゃるかな?

やはり、大損を出した年金基金があって、「100年に一度の暴落に遭遇したので許してください」と担当者が言い訳に回っていたことを思い出す。

ファンドの運用には様々な制限がある事は承知しているが、もっと柔軟に考えることが出来ないもんかね?

同じマーケット環境でも逆ザヤにならない保険会社もあるのに、人様の金を預かって殖やそうとするプロがそれでええのか大きな疑問がある。

この基金は厚生年金に上乗せ支給される部分であるが、元々はお勤めの人が働いて稼いだお金を天引きし、運用した挙句に大損を出したって話しである。

委託先も受託先にもプロは不在で、日曜大工に毛の生えた程度の人が注文住宅の施工を請け負ったみたいな感じがするね。

さて、散々こきおろしたが、翻って自分の運用成績はどうなのか計算してみたところ、今年に入っての成績は+2.1%となっている。

血も涙もないゼロサムゲームの世界でプラス成績は嬉しい。


年初からの流れを見た時に潮目が変わったのを感じてリスクを取ったが、ある人なんかは延々と株価が上がらない理由を挙げてはそれを力説していた。

その人が「株価はこれから益々上がります」と言い出したら、ポジションを整理しようと思っている。


広島ブログ
解説が上手な人の反対をすれば、マーケットが友達になってくれるかもね。

チャリティコンサートのお知らせ等

広島ブログ今日も応援のポチッとありがとう!

少し前に、銀子with吹奏楽部の面々が、大きなステージに呼ばれたという自慢話しをタラタラしたのを、覚えてらっしゃるかな?

広島県・広島市・アフラックが主催する小児がんチャリティコンサートのステージにお呼ばれして、プロ歌手の人達と演奏会をするあれ。

そのチラシが出来て、入場の申込みが始まったのでお知らせをしておきたい。

PDFファイルのチラシなので、普通の写真への変換をどうすれば良いのか分からず、このような観にくい写真になってしまったが、オレに文句を言うのは止めてくれ。


時は5月9日

場所はALSOKホール広島で出演者は、ジャズボーカルグループの「タイムファイブ」さん。

シンガーソングライターの「より子」さん

歌手でタレントの「早見優」さんと銀子高吹奏楽部の面々。

写真下の方に写っている薄紫色ユニフォーム軍団が銀子達である。


プロ歌手と同じステージで演奏させてもらえるなんて、すごく光栄なことではないか?


高校時代の3年間に、このような巡り合わせに出会えた事が嬉しいね!!


前も書いたけど、小児がん患者さんを救済するのがの目的のコンサートなので、他の保険にご加入の方でも大歓迎であるし、来たから保険に入れ・・・等の勧誘は一切ないので、安心して申し込んで、ステージを楽しんで頂きたい。
小児がんの治療施設は全国でも大阪と東京にしかなく、地方の患者さんの経済的負担はとんでもなく大きい。


高齢になってのがんであれば、まだあきらめもつくが、子供のガンではそうはいかない。

何としてでも治してあげたいのが親心である。

そんな親の経済的負担を援助するのが目的なので、どしどしご応募願いたい。

ちなみに、シンガーソングライターのより子さんは、子供の頃に小児ガンを患ったが、この制度を利用して助かったことから、チャリティコンサートに参加していると聞いた。


入場は無料であるが、募金箱を設置してあるので、大金持ちのあなたは諭吉さんをごっそり入れて、貧乏なあなたはアルミニウムの硬貨でも構わない。

下に申込み先のリンクを貼っておくので、こちらから申し込んで頂きたい。


チャリティイベント・アフラック(アメリカン生命保険会社)

先着順なので急げ!!

120328_2012~01

広島ブログ

金の斧と銀の斧・その3

広島ブログ今日も応援のポチッとありがとう!

「働くとは、傍の者を楽にしてあげる事に通じるのか・・・」

「よしっ!!オレも東北にボランティアに行く!!!」

神様の言葉を聞いて心を新たにした木こりは、ダイアモンド並みに固い決意を胸にした。

幸いな事に、木こりは山仕事で鍛え上げた頑強な体がある。

飲んだくれていた期間もあったが、元々の基礎体力が違うので早速旅支度を済ませ、東北地方に向けて歩を進めた。


数日間歩き続けた木こりは、体力と空腹が限界に来ていた。

番地表示を見て、宮城県仙台市に入ったことは分かったが、とにかく空腹を満たさなくてはならない。

しかし、持ち合わせの金がない。

そんな時、視界に飛び込んで来たのが、フルーツ屋の軒先に並ぶ果物の数々であった。

赤や黄色、色とりどりの果実を目にするだけで喉が鳴る。

じっと食べ物を覗き込む木こりの様子を果物屋の人が見ていた。

「どうかなされましたか?」「顔色が悪いようですが、大丈夫ですか?」店の人が木こりに尋ねる。

武士は食わねど高楊枝・・・等と気取っている場合ではない。

ボランティアをする目的を果たすためにも何か口に入れる必要がある。

「はい・・・実は何も食べてなくておなかが減りまして・・・」恥ずかしさの余り相手の目を見て話せない。

口に出した後で後悔したが、すでに遅かった。

その言葉を聞いた果物屋さん。

「それは大変でしたね」「これで良ければ一つどうぞ」そう言って真っ赤なリンゴを一つ木こりの手に押し込んだ。

更に戸惑う木こりを店の奥に招き入れ、コーヒーカップを取り出して、フィルターを重ねて粉を入れ、その上から熱いお湯を注ぎこみ、差し出してくれる。


褐色の液体からは、芳醇な香りが立ち込め疲れた体の細胞まで癒してくれた。

甘い果肉と、コーヒーで満たされた木こりは不思議に思った疑問を口にする。

「どうして見ず知らずの私に、このようなご親切をしてくれるのですか?」

すると、果物屋の奥さんが満面の笑みの中で答えた。

「人間には助け合う遺伝子が組み込まれているのですよ」

「助け合うのは当然です」と。

木こりが持ったコーヒーカップが震えた。

頭を下げて手にしたカップの中に、目頭から洩れた液体が数滴落ち、一口すするとほろ苦い高級ブレンドコーヒーの味がした。

それから後、東北地方の復旧現場では、身を粉にして働く木こりの姿があちらこちらで目撃されたそうな。

おしまい。

以上、創作「金の斧と銀の斧」のお話しでした。





さて、話しはコロッと変わるが、ドアを開けろ読者の皆さんは覚えているかな?

今月末にプレゼント企画を発表する予定があった事を。

ブログ開設5周年に、広ブロ登録2周年に、拍手150オーバー記念の大プレゼント企画の概要が決まった。


その名も「金の斧」と「銀の斧」プレゼント企画と命名した。


何を、どのような形でプレゼントするかを相当悩んだが、送った人も送られた人も喜んで貰えた上に、震災復興に役立つような商品を思いついた。


何をプレゼントするかは、まだまだ秘密にしておくが「金の斧」と「銀の斧」各1名様に当選するように考えている。

申込みは後日発表する「金の斧賞」&「銀の斧賞」の記事と考えているので、フライングでこちらに応募コメントをしないように。

では、後日の発表をお待ちあれ!

広島ブログ

金の斧と銀の斧・その2

広島ブログ今日も応援のポチッとありがとう!

「神様、私が使っていたのは金の斧でございます」

「であるか!」

「ではこちらの金の斧をお前に返そう」「これからは道具を大切にするがよい」


「神様、ありがとうございます!!」きこりは平伏しながら金の斧を受け取り、神様に見えないように舌を出した。

「ちょろいもんやで・・」

さっそく金の斧を持ち帰ったきこりは、金融マーケットで金を売却し、安い鉄の斧を購入し差額を懐に仕舞い込んだ。

それからのきこりは仕事をする事もなく、飲んだくれては金を浪費する毎日が続いた。

そんな日々が永遠に続くわけもなく、とうとう金が底をつく日がやってくる。

すっかり怠け癖がついたきこりは仕事をする気にもならない。

かと言って金も無くなりこのままでは餓える。

そこで、きこりは閃いた。

「もう一回、池に斧を落としたろ・・・」と。


さっそくきこりは鉄の斧を持ち出して、湖畔を目指す。

ほとりに到着すると、念ずるような思いを込めて池に斧を放り込み、神様が出てくるのを待った。

ところが、待てど暮らせど神様が現れる気配はない。

30分が過ぎ一時間も過ぎた頃、湖面に現れ出たのは前回と違う神様であった。


「神様、私は金の斧を池に落としてしまいました。お返し願います」


すると神様はこう言った。

「この池に、そのような斧は落ちておらぬ」と。

慌てたのはきこりである。唯一の商売道具を投げ込んだのに、斧が落ちてないという。

「前回お出ましになられた神様はどうなされましたか?」動揺する気持ちを押し殺して尋ねた。


「以前この池に居た神様は、ボランティアで東北に出向いておる」

「わしは、留守の間の非常勤神様である」


「・・・」


「神様に非常勤があるのか・・・?」

そんな疑問を見透かすように非常勤神様が言の葉を浴びせかける。


「よいか、木こりよ良く聞くがよい」

「お前は仕事もせずに酒ばかり飲んで暮らしておるが、働く意味を知っておるか?」

「働く、とは傍楽、つまり自分の周りの人々を楽にしてあげることに通ずる」

「お前には、何不自由ない健康な体があろう」

「お前の傍の人々に楽をしてもらうために、その体を使うがよいぞ」

「先ほども申したように、この池に斧は落ちておらぬ」


「お前も東北ボランティアへ行くがよい」

それだけ告げると非常勤神様はスゥっと池の中に、姿を消し去った。


神様の言葉を聞いて、木こりの酔いはすっかり醒めきった。

働くとは、自分の周りの人達を楽にさせる事に通じるのか・・・


神様の言葉が木こりの心にストンと落ちた。

広島ブログ

明日も続いたりして。

顔から出た火

広島ブログ今日も応援のポチッとありがとう!

今日はね、昨日の続きを書こうと思ってたところ、イージーミスが発覚し相当凹んでいる週末の夜。


どんなミスかは詳しく書けないが、気を付けなければ間違えが起きそうな部分なので、十二分に注意していた積りであるが、それでも些細なミスをする。

そのミスに気が付いた人が居てくれたおかげで助かったのだが、顔から火が出る位恥ずかしいと言うのはこのことをさす。


「ミスをしない人間なんて有りえない!!」等と開き直る気にもなれないし、ミスや間違いをしない人間になれたらどれほど楽であろうか・・・

「ミスから学ぼう」「失敗こそ成長の肥やし」なんて、人が失敗したときにかける言葉で、自分がミスした時は何の慰めにもならないことがわかる。

今日は思う存分凹むことにする。

検索フォーム

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。