スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年、私的月別事件簿

広島ブログ
大晦日の午後、いかがお過ごしかな?

なに?すでに正月の餅を食って無くなった?
あなた、やっぱアホねぇ~フフフ

さて、激動の2011年も終わってしまうが、一年を振り返って月ごとの事件簿をまとめてみようと思う。

消えかかる記憶を頼りに書くので、抜けてる所や、勘違いもあるけど、笑って済ませて頂きたい。

1月。
柿辰丸さんの紹介でshiozyさんとお会いし、新春著書交換会を開催。
サイン入りの自分の著書を交換する会で、とても楽しかったが、12か月前の事とは思えないくらい一年が早い。
柿さんと、安芸グリーン企画さんを突撃訪問したのもこの時。

2月。
下ちゃんファンクラブ勉強会に出席。
児童養護施設の問題点を教えてもらう。

3月。
勉強会の続きで河野先生にお目にかかり、いきなりサインを求められて激しく動揺する。

東北地震発生。

保険教室開講。

4月。
ユースト配信番組で⑦パパの部屋に三都物語で出演。
アホ面を世界に配信するという暴挙に出る。

5月。
アートカーニバルに参加。

カリスマブロガー「ど僕さん」にお会いしたのも5月。

6月。
この月より、従来の生保に加えて損害保険も扱えるようになる。

銀子定期演奏会でフルートソロを務める。

Fase bookに登録したのもこの頃。

続けざまにご契約を頂き、プレゼントでお渡しする証券入れが一時在庫切れになり、嬉しい悲鳴。

余りにも早すぎる友人の死を迎える。

7月。
A顔で友人を見送る会に参列。
初対面のコガッチに被り物を強要されたのもこの時。

8月。
銀子、吹奏楽コンクールで県大会抜け。初めて中国大会の舞台へ♪

大好きやった母が他界する。今でも電話をかけたら出てくれそうな気がする。

9月。
母の50日祭を済ませる。

ハンドメイドイベントで、沢山のブロガーさんにお会いすることが出来た。

10月。
初めてブクブク交換会に参加する。自分のその後を変えるような本や人との出会いもあった。

11月。
一箱古本市、海田町音楽祭、吹奏楽祭りと続き、保険教室を開く予定が立たなくなる。

ハロウィンコラボで頭に海苔を貼る。

12月。
銀子駅前コンサート。

偽レブの会&忘年会&オフ会でビール運びに目覚める。

fase bookで知り合った皆さんとクリスマス会。
プレゼントを忘れてしまう大失態を演じるが、楽しかった。

広大でブクブク交換会のミニ版「みにブク」に参加。S.ジョブズの本を手に入れる。

年末に向けて続けざまにご契約を頂く。
選んで頂けた事に深い感謝と大きな責任を感じている。

以上、駆け足で振り返った2011年。
人様に助けられたことを痛感した年であった。

最後に、震災後に書かれた日経コラムの言葉が心に残る。

「我々は助けるのでもなく、助けられるのでもない。助け合うのである」

広島ブログ
今年も沢山のクリックをありがとう!!
スポンサーサイト

年の暮に失敗談あり

広島ブログ
人生で何が楽しいかって、人の失敗をみるほど楽しいことはない!!という歪んだあなた。

ようこそ当ブログへおいで下さいました。

年の瀬に、人の失敗を見て、気分よく新年をお迎え頂きたい。

保険会社も今日で仕事収めのところがほとんど。

そんな今朝、取扱い保険会社でのひとこま。

数枚の契約申込書をカウンターでチェックしていた時のこと。

担当の人が、書類を見て怪訝な顔をする。

書類に不備はないはずであるが、担当者はおもむろに消しゴムを出すと、いきなり申込み書類の字をこすり出したではないか。

その行為にこちらが怪訝な顔をしていると、アラ不思議!

申込書の字が、みるみる消えて行く。

その光景をみて、オレの魂が消えて行く。

普段から愛用していた高級ボールペン、モンブラン君のインクが切れていたこともあり、何気なしにご契約者さんに渡したペンが、実は字が消せるペンであった。

消しゴムで字が消せるペン・・・?
そんなの以前からあった・・?

もう目が点どころか、心ここに非ず・・・って感じ。

さすがにこれでは審査が通らないので、電話をして事情を説明し、もう一度書類に書いて頂くようお願いしたところ、快く応じて下さり、ホッと胸をなでおろす。

面倒くさい書類に何回もお手数をおかけして、申し訳ない気持ちで一杯である。

大切な保険契約で、こんな事があってはいけないので普段から何度もチェックするようにしているが、ちょっとした書き忘れって思い出した頃に出てくる。

そのたびに、ご契約者さんに頭を下げて訂正をお願いするのである。

今回なんか、知らなかったとはいえ、消せるペンを渡してしまうという大失態で、顔から火が出る位恥ずかしいお話し。

それでも、嫌な顔ひとつせず、書類を訂正して頂けるのは有難いことである。

同業者の中には、不備の訂正をお願いしたら、罵られた上に契約を断られた方も居るが、有難いことにオレはそんな経験が全くない。

改めて振り返ってみると、オレは本当にお客さんに恵まれて、育てられているんやと心からそう思える。

当ブログを読んで下さっている方の中には、ご契約を頂いた方もいらっしゃるし、保険教室に足を運んで下さった方、お問い合わせをして下さった方、資料請求して下さった方、オレの無駄話しに付き合って下さった方等、数えきれない多くの皆様に可愛がって頂けた嬉しさを年の瀬に噛みしめている。

広島ブログ
来年はこんな凡ミスを失くすぞ!!

ミニミニ自動車保険講座

広島ブログ
ここ数日、事故現場を見ない日がないくらい、交通事故が多かったように感じる。

何が日本人の心をここまで急かすのであろうか?

自分だけはマイペースで行こうと思ったところで、社会の歯車の一つである個人では、そうも言っていられない場面もある。

さて、そんな師走の一日に、信号待ちで止まっていたところ、後ろからタイヤとアスファルトが喧嘩するような急ブレーキの音がする。

数秒後、後ろの車のフロントバンパーと、自分の車のリアトランクが激しいキスをすることになる。

ぶつかった衝撃で、アナタの首は前後に大きく揺れて首がムチのようにしなり、ヘッドレストに後頭部がアタックする。。

人間で一番重たいと言われている頭部は細い首だけで支えられているが、事故の衝撃は一番細い首を直撃することになる。

さあ大変!
こんな場合の過失割合は10対0で自分に落ち度はないが、こんなパターンは自分が加入している民間の保険会社は相手との交渉をしてくれない。

誰がするの?
自分がするのである。

そんなアホな話しがあるかい!!
何のための自動車保険や!!と罵る声が聞こえてきそうな気がするけど、10:0の事故では過失割合で争うことがないからそうなってしまう。

さて、ここからが大変なところ。

とにかく、病院へと行ったところ、よくある診断名は「外傷性頸部症候群」つまりむち打ちである。

首に大きな輪っかを巻かれ、安静にするように指示されて家に帰ると、警察とレッカー会社から連絡が入る。

「事故車を○○に運んでおいたので、来てくれ」と。

医師は安静にしなさいというのに、警察やレッカー業者まで出向くことになる。

痛い上に実に面倒くさい。

しばらくすると、事故相手がポエムのカステラを持って来たり、保険会社の担当者から連絡が入る。

「この度は誠にお気の毒様で、お見舞い申し上げます」と。

そして、色んな書類を渡されて提出するように言われる。

同意書に休業証明にその他諸々。

ここで問題になるのが、休業証明で、会社勤めの方であれば源泉徴収票で問題ないが、自営業が揉める。

自営業者の場合、原則確定申告書しか認めないが、どれだけの人が所得をまともに申告しているのであろうか・・

家族4人、中学生と高校生の子供が居て借家に住んで年収200万円なんて有りえない金額であるが、これで申告をしていると、事故の被害者にもかかわらず、それにみあった保障しか受けることが出来ない。

自営業者の人、恐いでしょ・・?

いくら保険会社に怒鳴りこんだところで、金を払うのは保険会社なので、書類がそうなっていればそれだけしか出さない。

話しにならないから、事故相手と直接交渉すると、保険会社の顧問弁護士対応事案となり、余計にまずくなる。

任意保険には示談交渉権がついているので、そんなことになる。

ちなみに、交通事故の示談は法律行為になる。

例えば、オレが代理店の立場で事故相手と交渉すると「非弁行為」となり弁護士法に違反することになるのでまっとうな人間は手を出さない。

時々、交渉を頼まれることがあるが、事情を説明してお断りするしかない。

オレらが出来る事は、事故解決までの詳しい説明や、サポートにバックアップ。

必要であれば、解決ノウハウの豊富な専門家を紹介する等。

極端な例をいえば、自賠責への被害者請求の方法を教えることは出来るが、代わりに書類を書いたりすることは出来ない。

自動車保険に関しては、まだまだ書かなければいけない事が山のようにあるが、今日の講座はここまで。

くれぐれも事故の備えは万全に!!
広島ブログ
日頃から口を酸っぱくして言ってるが、生命保険の見直しも大切なことに違いないが、自動車保険を値段の安さだけで選んではいけないのである。

待ったなし

広島ブログ
なになに・・?

消費税増税に反対する民主の議員さんが、離党届?

やっぱりね・・・って気持ちと、残念な気持ちが入り乱れて複雑な心境になっている。

以前から当ブログで書いているように、オレは消費増税賛成論者なのである。

勘違いされても困るが、進んで税金を払いたいわけではない。

それどころか、可能な範囲内で節税という無駄な抵抗を試みているのだが、ここで日本の財政問題にメスを入れなければいつ入れる?

勿論「増税をする前にすることがあるはず!!」って意見は百も承知しているが、何年前からこの台詞を聞いている?

社会保障費にしたって、病院の窓口で100円余分に負担しろ・・・と決まれば負担するよ。

消費税でも10%払えというのであれば払うよ。

ギリシャのように世界中からソッポを向かれるか、それともアイルランドのように財政問題で国民其々が痛みを分け合って、国際社会からの信認を得るか。

どちらを選ぶのかと聞かれたら、間違いなく後者を選ぶが、一部の議員さんはそんな事を考えないらしい。

色んな意見があるのは承知しているが、消費税問題に切り込んだ野田政権はそれだけでも評価されるべきではないかな。

もっともねじれ国会の元で、法案が成立するかどうか不透明であるが、国家100年の計を持つ人を選出しなければいくまい。

後世の人達から「親の世代は何をしとったんか!!」と言われないためにも。
広島ブログ

実践悪役塾

広島ブログ
ついこの前、「悪役になれますか?」と題した悪役さんの講演を聞いた。

俳優としての悪役でなく、人生での悪役、会社での悪役、社会での悪役と、嫌われる役をかって出る人と捉えても間違いではない。

出来ることなら、人からチヤホヤされていい顔をしてもらう方が気分いいが、生きていればそんなシュツエーションばかりとは限らない。

人から嫌われる事も苦言を呈することも言わなければいけない時もあろう。


そんな先日の事。
クリスマスで浮かれ立つ広島で一番大きなアーケード街を歩いていた。

皆さんがお住まいの地域はどうか知らないが、広島市内中心部では、ほとんどが歩きタバコ禁止に指定されている。

市民には通達がいきわたり、歩きタバコの人間も少なくなったが、それでも知ってか知らずか、時々歩きながらタバコを吸っている人を見かけることもある。

その、年の頃なら銀子とそう変わらないと思われるカップルは、アーケードでオレの前を歩いていた。

腹が減ると凶暴になるクセがあるオレは、昼飯にありつくため普段より速足で歩を進めていた。

人通りが多すぎて、カップルの後ろでイライラしていると、おもむろに男の方がタバコを取りだし、先端に火をつけた。

さてさて、どうしたものか。

こんな時、あなたならどうする?

最近は、このような行為を目にして注意したところ、逆ギレされる事件もあるので、見ないふりをする人を責めるわけにもいくまい。
しかし、ここは悪役親父の出番ではないか。

目の前でタバコの煙を吐き出す男も、注意をされなければ大人を舐めることになる。

本来なら、頭から拳骨をかますところであるが、ここはオレも大人な対処をしなければいけない。

反対側からの人並みが途切れたところで、カップルの前に歩み出て、一声かける。

「ボク、ここは禁煙地域やからな、灰皿のある所で吸いなさい」と。

ここで文句でも言いやがったら、左ストレートをアゴに叩きつける場面であるが、精一杯不良を演じているその子は、意外とおとなしく「はい、わかりました・・」と言って火を消した。

彼女の前でもあり、カッコウつけてかかってくるかと思いきや、案外素直である。

若い時に、反抗心やカッコつけたい部分は誰にでもあるよな。

しかし、そこにはそこのルールがある事を教える大人も必要であろう。

そんな悪役なら進んでなりたいと思ったね。

広島ブログ

12月24日の行動日誌

広島ブログ
午前中、事務仕事を済ませるといい按配に腹が減る時間になった。

知り合いのうどん屋さんで食おうと思ったら、超満員なので近くにあったライバル店でぶっかけうどんを食す。

満腹になり、あぁ~幸せ!

次に足を向けた先は、安佐南区民文化センター。
銀子がアンサンブルコンテストに出るので聴きに行ってきた。

会場に着くと、オレの顔を見るなり挨拶をしてくれるマダムに出会う。

「こんにちは~いつもお世話になりますぅ~」と優しい笑顔で微笑むマダム。

「あぁ~どうも!こちらこそいつもありがとうございますぅ~」とニコやかな顔で微笑みながら、頭の中はフル回転している。

この方はどなた・・?

向こうはオレを知ってるに違いないが、この方は誰?
この時間に来るってことは、同じパートのお母さんと思われるが、どこの引き出しを探しても見当たらない。

遠回しに、さりげない会話の中からお住まいの地域を探り出し、どちらのお母さんか見当を付けることが出来て目出度し目出度し。

いわゆる一つの「ヒヤリング」って技で、営業マンの基本ですな!フフフ

銀子高校は打楽器とフルートが出たので、先に始まる打楽器の演奏を聴く。

初めて耳にする打楽器アンサンブル。素直な感想というと、上手い下手がそのまま誤魔化しようがなく出てしまう。

それでも、子供達の真剣な演奏を聴いていると、心から楽しめる。

打楽器アンサンブルのファンになってしまったね。

ところが、会場の程よい暖かさと満腹感に加え、心地よい音楽があれば、脳内に潜む悪魔を起こすことになりかねない。

そう、睡魔という名の悪魔である。

マリンバの響きにスネアのリズムを遠くに聴きながら、誘惑に負けてついウトウトと舟を漕いでしまい、お目当ての演奏を聴き逃すという大失態を演じてしまった。

打楽器が終わると次はフルートの出番。
4団体出た内の銀子は最後の演奏。

フルートパートは、しかしどの学校も上手い。

強豪とは言われない公立高校のパートでも、個人の技は高いことがあるが、唯一フルートで出た公立校は上手かった。

これはライバルになるに違いないね。

そろそろ銀子の出番が近づいてきた頃、後ろで座っていたどこかの生徒さんが
「K学院の●●さんが出るから注目しといた方がええよ」というのが聞こえた。

ん?ん?
●●さんとは銀子の名前であるが・・・・あなたは誰?
銀子は注目を浴びてるの??

どうして銀子の事を知ってる?
それともオレの空耳か。

しかし、銀子が舞台袖から出てくると再び
「左端のピッコロが●●さんよ」と聞こえるので、思わず振り返ったが、知らない学校の制服を着た子であった。

初参加のアンコンも無事終わり、次は某有名コーヒー屋さんのお店へ挨拶に立ち寄る。

年末でひっきりなしにお客さんが訪れ、商売繁盛のご様子でなにより。

次も某有名ブロガーさんのお店へ立ち寄る。

オレが入ってしばらくすると、次から次へとお客さんがご来店される。

以前、「客を連れてくる客」みたいな記事を書いた覚えがあるが、どうもこの前から自分がそんな客のような気がしてならない。
オレが行くと、その後からお客さんが続いて来店されるジンクスがある。

最初の頃は単なる偶然と思っていたが、こう何回も続くと、自分が福の神かサンタクロースのような気がしてきたよ。

さぁ、年末までもう少し。
皆さん、くれぐれも事故だけは気を付けてね!
広島ブログ

検索フォーム

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。