スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を食らう

金融ネタを書くと、一気にアクセスとコメントが減るのは何故?

それでも書かずには居られない。

昨日の日経一面「さまよう個人投資家」より。

何でも、日本には長期投資が根付かない土壌があるみたい。

長期投資の王道といえば株式か債券への投資になるが、株式投資をする人の多くが、日計り商いかそれに準ずるような短期投資がほとんどらしい。

日本人は、投資が好きで、投機は嫌いって大嘘やと思うよ。

インカムゲインを目的とするより、その多くがキャピタルゲイン狙いやのに投機を投資と言い換える矛盾を感じる。

まっ、投資であろうと、投機であろうと、自分が自分の責任において行うのはどっちでもええと思う。

しかし、どうしても不思議なことがある。


オレは以前から「毎月分配型の投資は止めておこう」と提案してきた。

お金がザックザクあって余っていて、どれだけ損を出してもそれを快感に思う人ならいざしらず、一生懸命働いた大切なお金をどうしてみすみす損をさせるの?

毎月分配型とは、読んで字の通り、毎月分配金が振り込まれる。

振り込まれるのは、ええけど、それはどこから出るお金?

あなたの投信から出る。

この時、購入した投信の基準価格が上がっていればOkとして、下がっているのに分配金って・・・?

たとえるなら、自分のしっぽをかじっているうちに、胴体まで行ってしまい、そのうちに自分自身が無くなってしまうようなもの。

また、国債でもいえるが、定期的に利払いをうけると複利効果が全く見込めないので、有利とはいいがたい。

しかし、分配金の%を下げると途端に売れ行きが落ちるとか。

中には、預金がわりに投信を購入する人もいるらしい。

これは大きな勘違いではないか。

投信と預金は全く別物で、リスクの大きさは比べ物にならないほど違う。

専門家の間では「一年後に基準価格を上回っていなければ、元本割れの大きさが社会問題になりかねない」と指摘する声もある。

そんな事、以前から指摘してたよ!!まさか、当ブログ愛読者の方で、分配型投信を購入した人はいないと信じたいが、預金替わりに投信を買うなんてねぇ・・・

保険商品の方が有利なものがあるのに、保険=ウソ臭い。投信=有利で儲かるみたいなイメージを拭うのは難しい。



やっぱ、子供の頃から金融教育をしておくのって、絶対必要やと思う。

クリックも必要やと思う
広島ブログ
スポンサーサイト

真実がここに・・

子供の部活関連記事が続くけど、興味ない人は読み飛ばしてくれたまえ。

5泊6日の合宿が終わった子供。

昨日は一日学校で合同演奏をし、今日は早速ホール練習。

明日は一日学校で、明後日からは再びホール練が続く。

場所は文化交流会館を借り切っての練習で・・・しかもそこに一泊して丸2日もこもりっきりで練習をする。

9日の本番までは、ほとんどがホールを借り切っての練習が待ち構えている。

県大会が済んだ後の予定表を見ると、コンクール後も10日間ホールを借りて練習がある。


音楽ホールを一日借りるのっていくらかかるの・・?

ネット上やよその親御さんに聞いてみたところ、子供達のホール練習の数は飛びぬけて多い事実を知った。

これだけ聞くと・・・

まぁ~私立の強豪校はお金に余裕が…と言われることも少なくない。

ええ~そうなんですよ!!

お宅と違ってウチは余裕がありましてね・・・・と冗談でもええから言ってみたいが、事実はちょっと違う。

ホールを借りての練習は確かにお金もかかるが、決して余裕があるからホールを借りるのではない。

何故か?
実は、学校で練習する場所が無いことに原因がある。

音楽室では狭いし、体育館は使えない。

いつも、学校で練習する際は、建物の吹き抜け部分をブルーシートで被い、多少とも音が漏れないように配慮して練習をする。

ブルーシートで作った簡易ホール・・・
なんとも貧乏くさい話しであるが、それが部員同士の連帯感を生む源のような気もする。


コンクールで県大会を抜けようと思えば、ブルーシートの簡易ホールでは無理がある。

したがって、諭吉さんの顔も沢山飛んでいくが、そこはある程度仕方ないと思うしかない。

まっ、それだけの楽しさを味あわせてくれるから、幸せとしよう。

クリックがあればもっと幸せになれる
広島ブログ

ついてくる影

「銀子ちゃん?今、後ろをついてきた男の子誰?」

練習場のホールに入るなり、友達が聞いてきたそうな。

昨日まで行っていた部活合宿でのひとこま。


後ろをついて練習場に入ってきた小さな男の子・・・?

そんな子は知らないし、合宿場で見たこともない。

しかも、その子を見たのが一人ではなく複数の目撃談が銀子ちゃん(仮名)に寄せられた。

一同一気に背筋が凍りつく。


昨夜、6日間の合宿から帰ってきた子供が、土産話しに以上のようなことを言う。

普段からお化け類の話しなんてハナッから信じないオレも、複数の目撃者が至るところで「あの子誰?」と言うのを聞いて、ちょっとばかり考える。


それはきっと円蔵に違いないね!!

円蔵とは誰か?

不幸にして産まれてくることが出来なかった、長女の弟の名前で、仮名ではない。

「この子が生まれてきたら円蔵と言う名前にしよう」

ヨメが写してもらったエコー写真をみながら、勝手に決めていた名前である。

まだ数週間で、宿った子供が男か女かも分からない中、例によって何の根拠もなく、この子は男の子との確信があった。

もう、あれから15年も経った今、なぜに円蔵が現れるのか分からない。

「もし・・・」なんて今更ありえないけれど、無事に生まれていれば今頃、どんな子供になっていたのか空想してみる。

お父さん似で男前でナイスガイ?それは妄想。

きっと反抗期まっしぐらで、親の言うことなんか聞かず、車やバイクを乗り回しては喧嘩ばかりしていたのかも知れない。


子供に「亡くなった円蔵の分までしっかり・・・」なんて言う気はサラサラない。

自分のやり方で精一杯やったらええのよ!

後に憂いを残すな。


6日振りに囲んだ食卓上では、こんな会話が戻ってきた。


さぁ~!

コンクールに向けて、親も子供も、もうひと踏ん張り♪
広島ブログ

顔本・お好み対決

facebook(顔本)なるものに登録して一か月が過ぎた。

先月の末、オレを誘ってくれた友人は残念なことにこの世から旅立ったが、今でも心の中で笑いかけてくれている。

facebookとは何ぞや?

今更説明の必要もないと思うが、説明してくれといわれても出来ないので、難しい質問をしないように。

ミクシィーみたいな感じのSNSと捉えて間違いではないと思う。

そのFBで、オレにも友達が出来た。


しかも22人も!!!


もっとも、柿辰丸さんなんかは、友達数が600人を超えているので桁が違う。

それでも、出来た22人の友達は有難いものである。


中には、ブログで交友があった方が、連絡を下さったりするので、ビックリするやら嬉しいやら。

色々なネットの繋がりはこれからも大切にしていきたいね。

そんなFB内では、色んな交流会もあって、昨日なんかは「関西風VS広島風お好み焼き対決」なんてのが開かれていた。

オレも参加したくて、予定に入れてたものの、どうしても離せない用があり、出席を断念した。

晩飯前に想像しただけで、腹が鳴り唾液が分泌されるお好み焼き対決。


関西で生まれ、広島で育った人間としても一家言あるところ。

外で食べる時は、広島風にするが、家で食べるのは関西風と決めている。

何故か?

広島風は鉄板が熱くならないと上手く出来ないが、関西風であれば、ホットプレートでも出来るから。

まぁあれですよ。

どちらが美味しいかなんて、その人の好みによるので、美味しければどっちでもええわけですよ。


ちなみに、広島風のお好み焼きを簡単に説明すると、鉄板に衣を敷いてその上にキャベツを置いて蒸す。

ほどよくシナシナになったところで、そばやうどん等を置く。

最後は、卵を鉄板に広げて、麺の上に上手に敷く。

ソースをかけて出来上がり。

鉄板にこぼれたソースの焦げるにおいが食欲を加速させる。

広島では、電柱の数と同じ位、お好み焼き屋さんがあり、一軒一軒こだわりがあって、作り方も味も違う。

シンプルな中にも王道があって、まるで粉物のペペロンチーノみたいな奥の深さがあるのだよ。


ウチの近所でも80歳を過ぎたおばあちゃんが、崩れかけた店の中で、暑い中、熱い鉄板と格闘している。

店内にはエアコンもなく扇風機がブンブンと唸りをあげて回っているだけ。

客もそんなことは承知で、熱い鉄板を前にして、汗を垂らしながらへらを口に押し込む。

夏の忘れがたき光景が今も広がっている。

広島ブログ

鬼嫁の正体!!!

まぁ、あれですよ。

登録数5000を超える、「広島ブログ」において、独特の語り口で不動の地位を築いている方といえば、彼しかいないわけですョ。

どうも僕ですの管理人であるカズさん。

通称「ど僕」さんで通っている。

オレが広島ブログに登録した一年半位前、ど僕さんはすでに上位にランキングされており、雲の上の存在であった。

そんな、ど僕さんと急接近したのは、同じfc2ブログを使っていることもあり、訪問履歴が残ったりするので、行き来が始まりコメントしたりもらったりするようになった。


雲の上の存在であるど僕さんは、滅多にオフ会とかも参加されないので、その正体は謎に包まれている。

人前に姿を表さない事実が、神秘的な憶測を呼んで、まるで北の将軍様のようなカリスマ性を醸し出している。

ど僕さんは、いつもご自分のブログで、奥さんのことをこき下ろし、あたかも鬼嫁のような印象を与えている。

そんなど僕さんと、お目にかかる機会が訪れたのは今年5月。

初めて対面するカリスマに、汗かきまくる。

アッという間に時間は過ぎ去った先日。再びど僕さん邸を訪れる用事が出来た。

今度は、ど僕さんに用事ではなく、鬼嫁さんの方である。

何度かお会いして面識はあるものの、ブログの印象が強すぎて、獲って食われないかと身構える。

しかし、話し始めるとそんな心配は稀有に終わる。


家の事や仕事の事や、ブログネタのことまで、面白おかしく話して下さり実に楽しい。

ブログで鬼嫁チックに書かれているのは、面白くするための方法であった。

また、いつかゆっくりとお話ししたいものである。

勿論、奥さんと!!

あっ!ど僕さん。


いつか一緒にオフ会参加しましょうね~!!
広島ブログ
一句出来た。

「鬼嫁の・正体みたり・百合の華」by銀麿

闇鍋道

やぁ、みんなたち。

この出だし文句で始まる日記は、ロクでもない記事が多いのを、ご存じあるかな?

「人生は闇鍋のようなもの」

「じいちゃんがそう言ってた」とは、ブログ仲間である毎日闇鍋の管理人、きみこさんのブログ。

そっか・・・人生は闇鍋と一緒か・・・


分かったような分からんような、けどなんとなく納得出来るところが凄いタイトルでもある。

この、自称育児ブロガーでミセス兵庫県のきみこさん。

知る人ぞ知る、ジンギスカンキャラメルウイルスを広めた張本人でもある。

ジンギスカンキャラメルとは、ジンギスカン料理の味がするキャラメルである。

どう?
想像しただけで腹が痛くなって来た?

そんな恐るべしきみこさん。

旦那さんの失業をきっかけに、自分で稼ぐ必要性を感じ、遅ればせながら世界制覇の道を歩み出した。

その記念すべき第一歩が↓↓↓
その名も「闇鍋屋」と言う名の通販サイトをオープンさせたのである。

これは怖いで~
まさしく闇鍋のように、何が出てくるか分からない恐ろしさと怖さと恐怖がある(全部怖い・・))

えっ?

家族でお化け屋敷に行くの?

止めとき止めとき!!

闇鍋屋の商品買ったら、暑い夏なんてどこ吹く風。

稲川淳二以上の涼しさをお手元に届けてくれる事、間違いなし!!

詳しくは闇鍋屋をご覧頂きたい。

ナニ?
欲しい物が見当たらない・・?


おだまり!!!




2人の男の子の空腹が、これにかかっているのよ!!!

黙ってお買い上げ、まいどありぃ~!!☆””

広島ブログ

検索フォーム

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。