スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんを知ろう!!

色んな情報があふれかえるネット社会。

当然、ガンにかんする情報も例外なくあふれかえっている。

そんな中から、どれだけ正確な情報を見つけるか、大事なところである。

自分でも、ガン保険を取り扱う手前、最新情報を仕込むようにしているが、医師でもないのでそこは限界がある。

出来れば、専門医が素人相手に分かり易くA~Zで書かれたサイトがあれば一番と思うが、中々どうして見つからない。

そんな中で始まった連載があるので、ご紹介しよう。

以前も書いたことがあるけど、東大病院放射線科医・中川恵一先生によるガン講座。

そもそもガンとは何か・番外編その1

そもそもガンとは何か・番外編・その2

そもそもガンとは何か番外編・その3

そもそもガンとは何か番外編・その4

今は1~4まで書かれているが、出来れば1から順を追って読むと、より理解が深まると思う。


以上を読めば分かると思うが、敵(ガン細胞)はどこかにあるのではなく自分の中にある。


自分の中にあるものの、毎日5000個も細胞分裂を繰り返しているなんて、思いもよらない。

敵を知って己を知ったところで、完璧な予防は難しいとされている。

それでも、ガンが何か知らない事には話にならない。

その点「そもそもガンとは何か」シリーズは、分かり易い解説をしてくれていると思う。

さぁ~!
読まない手はないね!

広島ブログ
ちなみに「がん保険」を定期でご加入の方は「終身のがん保険」へ見直すようにお勧めしておく。

例えば10年定期のガン保険に加入していて、9年目にガンと診断されたとしよう。

さて、次の更新を引き受けてくれる保険会社はあるの・・・?
値段は安くても、落とし穴も大きいので、お間違いなく!
スポンサーサイト

ケチの上前

以下、あるジョーク集にあるお話。


とあるアメリカの銀行窓口に、一人の紳士が現れた。

紳士曰く。
「こちらで融資を申し込めば、金利はいくらかな?」

銀行
「1ドルにつき25セントでございます」

紳士
「では、1ドル借りたら1年後に1ドル25セント返せばよろしいか?」

銀行
「さようでございます」

紳士
「では、1ドル貸して頂こう。担保はここに用意してある」

そういって差し出したカバンの中には50万ドル相当の有価証券が入っていた。

銀行員
「・・・?」

「お客様、失礼ですが、これだけの担保があれば、40万ドルはご用立て出来ますが」

紳士
「いいや。1ドルで結構。ではこれでヨロシク」と言って立ち去ろうとした。

50万ドルの資産を持つ紳士が現れて、1ドル貸してくれと言う。

どうしても合点がいかない行員が、思い切って尋ねた。

紳士の答え。

続きを読む

千里を走る

虎は千里を走ると言うが、千里って何キロ?

調べてみたら約4000キロメートルもある。

山口の下関から、青森県弘前辺りまで直線距離で何キロあるの?

1700~1750位?

正確には知らんけど、虎って一晩で日本列島を2往復以上走るの・・?そんなアホな・・

そもそも、日本に虎は居ないのに、どこでどうやって千里も走るのか?

そんなことはどおでもええけど、千里を走るものがある。


それが「噂」

定期演奏会から一夜明けた昨日。
当日の様子をブログで書いて下さる方がいらっしゃった。

それはありがたいことに違いないが、あっちこっちで「銀蔵が子供の演奏聴いて泣いてた」とある。


えっ?ほんま?

あのおっさん、あんな顔してウルウルしてたん?

ほんまやで奥さん!!

あのおっさん、あんな顔して泣いてたんよ!!

えぇ~!

あんな顔でも泣くんや!






当ブログのアクセス解析によると、国別のアクセスで、いつもあるのが日本語の他に、英語と韓国語と中国語。

つまり、オレが泣き虫なことは、一夜にして、東アジアはおろか、太平洋を渡った大陸にまで伝わった。

まさしく千里どころではない。

まったく・・・まずいシーンを見られたものである(;;

こうなったら、カミングアウトするよ。


えぇえぇ~!オレは泣き虫ですとも!!

文句ある?

まっ、こうやって面白がるのは、結婚式で新婦のお父さんが泣く姿を見て楽しむような心理かな?

元々涙脆い方ではあったけど、最近バージョンアップしたかのごとく、涙腺が弱くなったよ。

さぁ~!

そこのキミも一緒に泣かないか?


泣く泣くクリック
広島ブログ

五線譜の神様

日曜日。
朝6時前に家族揃って起床。

雨がぱらつく空を苦々しく眺めながら揃って朝食をとり、娘を送り出す。

「楽しんでやってこいよ!」そう言って差し出した拳にコツンと手を合わせて、出て行った。

前日から続くホールでのリハーサルも終わり、日曜日が本番。

それまでは、最終チェックが続く。

午前10時。
吹奏楽の保護者やOBが手伝いに集まりだす。

懐かしい顔をみつけては話が弾む。

親父の出番は少なく、12時過ぎからプラカードを持って辺りを徘徊する。

12時半頃になると、観客の行列が出来出した。

雨がパラパラする中をありがたい。

次第に行列が長くなり、外まではみ出してきたため、開場時間を繰り上げて入場して頂く。

オープニング「ノーブルエレメント」
個人的にはエルガの大聖堂の方が好きやけど、仕方ない。

第1部はローマの祭りで幕を閉じる。

2部のオープニングは、組曲惑星のマーチング。

マーチングで惑星なんてどうなん?と思っていたら感動の嵐が吹く。

ポップなステージが続いたあとは、タップダンスで子供の出番。

縄跳びすら苦手な運動音痴が、タップを踊る姿に、再び感動のハリケーンが襲う。

アンコールが始まると同時に、お客さんを見送るためにホールに出る。

実は、アンコールでフルートソロを務めたらしいが、聞き逃す。

どうやら、親には黙っていたサプライズらしいが、それと知らず聞き逃す。

残念で仕方ないので、DVDの発売を待つことにする。

午後8時。
後片付けも済んで、会場のホテルに集まり打ち上げ。

去年はお父さんの参加がオレ一人で、肩身の狭い思いをしたが、今年は3人もいたので心強い。

乾杯の後は、次第にビールもすすみ、帰る頃にはヘロヘロ状態。

疲れと酔いが心地よかった。

こうやって、一年に一回の定期演奏会も無事済んだ。

ブログを見て来て下さった方も多く、こちらでお名前を書ききれないが、深くお礼申しあげます。

しかし、こうやってみると大きな会場を借りて演奏会を開くのなんて大変!!

演奏する生徒だけでなく、裏方でお手伝いをする人が居てこそ成り立つステージである。

皆さんに支えられて最後まで出来た。

いつか、自分達が支える番に回る。

2時間のステージを通じて得たものは大きい。

五線譜の神様がご褒美をくれたのかもね!

広島ブログ
クリックすればご褒美が・・

あなたの空

uid4089902_201105131700237c210f76.jpg
またこのポスターか!!

もういい加減見るの飽きた!!というあなたの声が聞こえてきそうな気がするが、今日でそれも終わる。

たかが高校吹奏楽部の定期演奏会をいえど、大きな会場を借りて、それなりに大掛かりな舞台となる。

この日を目指して練習する子供達は勿論のこと、保護者もOB・OGも手の空いた人は総動員して迎えることになる。

卒業したOBやOGがいつまでも関わってくれるという事は、指導者の先生の人徳の賜物ではないかな?

こんな先生に、教えてもらえる子供達はそれなりに幸せなのかも。

とにかく、毎年楽しみに足を運んで下さる方も結構多くいて、出迎える方も「また来年も来たい!」と思って頂けるような心配りをしたい。

車椅子でお越しの方でも、きちんと対処しますので、ご遠慮なくお申し付け頂きたい。


定期演奏会が終われば、夏のコンクールにむけてオーディションが始まる。

55人の出場枠を目指して、其々がライバルになってしまうから、定期演奏会はやっぱ特別な舞台である。


朝方、雨が降って心配したが、幸いなことにこの時間は止んでいる。

どうか14時過ぎまで天気が持ちこたえてもらいたい。

広島ブログ

雨が降ったから中止になるものではないけれど、一人でも多くの方に観て頂きたい。

恨めしそうな目で見上げる空は何色?

霧の中

霧で海路の見通しが悪くなると、霧笛が鳴る。

瀬戸内海の6月は夜明け方に、時々聞こえることがある。

ボォーという低い唸りを遠くに聴きながら、彼女は少しだけ体の向きを変えた。

「もう行くね」

霧笛が合図のように、絞り出した言葉を、聞こえないふりをしていた。


2歩3歩と後ずさりしながら、体温が離れていく。

暗闇の埠頭を照らす、わずかな明かりを頼りに、その姿を追ってみる。


手が届かない距離になると、彼女は見事な180度ターンをきめて二度と振り返ることなく、風景に溶け込み、オレの前から消え去った。

しばらく、そこに一人で立ちすくんでいると、空が次第に黒から青に変わる。

霧笛と、彼女が去って行った足音だけが、いつまでも鼓膜を震わせていた。


約30年ほど前の広島港での一コマ。

「成り上がり」を読んでオレもスターになりたいと思い、首都を目指していたハナタレ小僧は、どういうわけか、列車を乗り間違えて、西に来てしまった。

広島に来てしばらくすると、好きな女の子が出来た。

そして、お約束のように、浮かれた脳みそを叩き潰すがごとく、忍び足で別れがやってくる。

やりきれない思いを隠して、精一杯強がる自分の姿が滑稽に見える。
霧にさえぎられて、方向性を見失い、自分がどちらを向いて、どこに行きたいのかさえも分からなかった時代。

そんな当時、作られた曲。

YOKOHAMA FOGGY NIGHTのライブバージョン。

まさか、動画サイトでこの曲がアップされているとは思いもしなかった。

ギターソロで始まり、シンセサイダーでデコレートされたメロディが美しい。

音楽って本当に不思議。

イントロを聴いただけで、一瞬でその時にワープ出来るマジックかも知れない。


広島ブログ
uid4089902_201105131700237c210f76.jpg
明日は定期演奏会♪
テーマは「空」。あなたの思い出に残る曲が聴けるかも♪

やっぱ音楽って超素敵♪

検索フォーム

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。