スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法則の時間

ブログネタが切れたら知っている法則を書きつらねお茶を濁す日記。

それが法則の時間である。

もったいぶって書くほどのことでもないし、知っている人は当たり前の内容であるが、こんな法則があるのを知ってるかな?
以前も紹介したことがあるけど再びのご紹介である。

それは「72の法則」といって年利何%の商品であれば、何年経てば2倍になるか?ってこと。


例えば年利1%で運用したとすれば「72÷1%」=72年で元金が倍になる。

これが0.5%とすると「72÷0.5%」=144年。

今の銀行預金の0.02にすると「72÷0.02%」=3600年・・・

何回死んだら3600年?
もお、どおでもええな(。。


しかし2%で運用したとすれば「72÷2%」=36年で2倍になる。

もし3%で運用する金融商品があったとすれば「72÷3%」=24年!!

3600年なんかどおでもええけど24年なら現実味があるね。

30歳の人が100万円を3%の金融商品で24年運用したとすれば54歳の時には200万円になる計算である。

もちろん24年の間にはインフレがあるかも知れないし、税金等は考慮していないから必ずこの金額になるっでもないけれど1%の違いって大きいね。


100万円を1%で預けたら1001000円。


2%なら1002000円。(どちらも税金は考慮していない)


たったの1万円しか違わんのかい!!と思うけど、元金が倍になる年数を考えたらとんでもなく違うってことがお分かり頂けると思う。

全て「72」を当てはめるとその違いが簡単にわかるので時間のあるときに自分の運用状況をチェックする際に使ってみてくだされ。

以上「今日の法則」の時間でした。


よかったら72回クリックしてね!広島ブログ

続きを読む

スポンサーサイト

カレー宣言

やぁみんな!!

カレーは好きかい?

どんなカレーが好き?

えっ?
リンゴとはちみつ入りのカレーを石川遼君と食べたい?
好きにして!


そんなことはどおでもええんです!


一時期、日本のブロガーのごく一部の中でカレーの華麗なる技を競いあう(?)加齢なるカレー党が誕生したことがあった。(すでに過去形)

このカレー党。
何をするのかといえば、ゲゲゲの鬼太郎に出てくるめだま親父をカレーに入れる党でその技を競い合うという、おおよそわけのわからない党であった(すでに過去形)

つまり、カレーと目玉親父を使って面白いものを作れ!!
しょ~もない物をつくったら承知せんぞ!!ってこと。

党員はお母様方が中心になっているので一旦入党してしまうと逆らえない。

そこで先手をうって「入党拒否宣言」を出してあった。(因みに乳頭は拒否しない)


そんな先日カレーの神様が枕元でつぶやいた。
「ボケッとしとらんでカレーを作れ」と。

そこで再び包丁を砥いで久しぶりにカレー製作に取り掛かった。

独身時代はよく作ってたけど、最近はいつ作ったのか覚えていない。

それでも作っているうちに思い出すこともあって、ウルトラ・グレート・スペシャル・ビューティフルなカレーが完成した。
う~ん・・・カレー曜日も真っ青なこの旨さ♪

この時点でカレー党のことはすっかり忘れていたが、カレーだけでは芸がないのでついでにゆで卵も作ってみた。


そして晩御飯の時、皿にカレーを入れてゆで卵をみてフッと目玉親父のことを思い出した。

目玉親父は味噌汁のおわんで風呂に入ってたと思うが、どういうわけかカレーの風呂に入れるのがカレー党の党則である。

そこで入党拒否宣言をして大見得をきったのにもかかわらずつい魔が差して作ったのがこれ・・・

TS3G0231.jpg
まったくセンスのかけらもないし目玉親父にもなってない。

ちなみに、いつも当ブログをごひいきにして下さっている秘密のさいこちゃん毎日闇鍋のきみこさん「喜ぶ顔がみたくて」のよっちママさん等の目玉親父風呂カレーはどれもこれも凄い力作揃いで見たら目が飛び出る。

その他、料理自慢の皆さんが楽しい弁当を作られたりしているのでぜひ一度ご覧あそばせ!!

以上、カレーのカレーによるカレーのための宣言(?)でした。

くだらない日記でもポチッとありがとう
広島ブログ

絶対儲かる!!

昨日の午後から市内のホテルであったモーニングスターという投資情報会社主催の中国株セミナーに行ってきた。

これを聞いて勉強して中国株で一儲けも二儲けもしてやろうと企んでいたのよ!

少し前に折込広告が入っていたので申し込んでおいた。
定員は350名やったけど「そんなに集まるもんか!!」と余裕をこいて開演10分前に入ったらアラびっくり!

オレと同じように欲の皮が突っ張った・・・失礼、勉強熱心な人ですでに満員御礼状態。

やっぱ皆さん資産運用や形成に興味があるのね!

受講者をざっと見渡すと9割がたはおっちゃんでちらほら女性でちらほら若い人。

不思議なことに生保での運用に興味を持つ人は圧倒的に女性が多いのに、証券になると圧倒的に男が多い気がするね。

まっ生保と証券では性格が違うので当たり前といえばそうかも。

さて、主に中国株式を扱っているのは東洋証券って会社で、その他にも現役のファンドマネージャーの方が居たりして内容的には花丸、二重丸!

色んな勉強会や講演会に参加するものの、中には宣伝ばかりでテキストを棒読みするだけのしょ~もないセミナーも沢山あるが昨日のセミナーで何が良かったかって、終始個人投資家の視線として進められて凄く好感が持てた。

お断りしておくが自分と東洋証券の間には何の利害関係もないし、投信の取次ぎもしていないのでお間違いなく。


他にも三井住友アセットで上海で資産運用をされている大前氏の話はとても良かった。

休憩時間には高級ホテルの高級コーヒーも出るし、時々心地よい眠りにも襲われて船をこぎ有益な話も聞けて大満足なセミナーであった。

願わくば自分が開催する保険セミナーでも350人入ったらとても嬉しいが、とりあえず35人を目指そう!


ところで、世の中には色んな投資対象があって普通株式から恐怖指数なんてのも取引対象としてある。

当然「絶対儲かる!」なんてものは存在しない。

ローリスク・ハイリターンなんてないのよ。

しかし、ある日フツッと思ったが日々変動する数字で一つだけ絶対儲かると確信できるものがあった。

それは・・・










内閣支持率。



ここ数年来、内閣が発足した時こそ支持率も高いが、次第に低下する。

それも決まって低下する。

もし「内閣支持率指数」みたいな取引があれば空売りしておけば絶対儲かるが、問題はそんな取引がないところである。

さっ、しょ~もないこと考えんとちゃんと勉強しましょ♪


以下お知らせ
28日(日)広島駅南口地下広場で子供達の吹奏楽部駅前コンサートがある。

午前11時と午後2時から2回公演するので良かったら聴いてみてね♪
タダで聴けるのよタダよ!!


ではどなた様も良き週末を!!
こちらもお忘れなく♪
広島ブログ

目撃者

世の中に不思議な事故ってのは色々あるけど、何がどうなってこんな事故が起きるのか理解に苦しむこともある。
そんな事故を目撃したお話。


とある駅構内には送迎用のスペースがあり、朝夕の時間帯には車であふれかえることもある。
どこの駅でも見受けられる珍しくもなんともない風景。

ある朝、何気なしに見入っていると2台の車からそれぞれ人が降りてきて運転手に手を振っておりていく。
これも珍しい風景ではないが、問題はその後。

文章にすると分かりにくいのでまたまた下手な絵の登場ヒデキ(これはオヤジギャグなので笑うところ)


こんな感じで停車していた2台の車。

先に白車から人が降りて数秒後にスルスルと動き出し、いきなり黒車の横っ腹にぶつかった。
両者の距離はそんなに離れてなかったが、白車は何のためらいもなく黒車に突っ込んだ。

バコ~ンッ!!と大きな音がしたのでみているこっちも驚いたが当事者同士はもっと驚いたに違いない。

黒車は助手席側のドアと前のフェンダーがぺしゃんこ。
アクセルとブレーキを踏み間違えたとも思えんし、ドライバーは高齢者でもなかったし、そもそも目の前に車があるのにどうしてこんな事故が起きるの??

誰も怪我人がなかったのは幸いであるが、目撃者としてみると過失割合は10対0。

さぁこれからが大変である。
黒車がしておく事はまず警察に届ける。
そして相手の住所・氏名・電話番号・勤務先と出来れば車のナンバーを控えておく。
それとそのままの状況をいろんな角度から写真に撮っておく。

それと大事なことであるが「任意保険に加入しているか?」「加入していればどこの保険会社か?」を確認しえおくこと!(これはとても重要)

今回のように怪我人がいない物損事故では自賠責からの支払いは一切ない。

白車が民間の任意保険に入ってなかったら当事者同士で直接やりとりをすることになる。

黒車が任意保険に入っていたとしても10・0の事故では示談交渉をしてくれないので注意が必要である。

黒車の修理費用や使えない間の代車費用などを直接相手に請求しなければいけなくなるが問題は、相手が常識的な人でさっさと払ってくれたら問題ないが、払ってくれない場合もある。

こんな時は決め事を文書で残しておくなり、会話を録音しておくなり場合によっては公正証書にしておくなどの方法もある。

白車のドライバーにしてもほんのちょっとのうっかりがこんな事故に繋がってしまう事を痛感していると思う。
任意保険の対物に入ってなかったら全部自腹でとんでもない出費になるし、下手したら払えなくなる可能性だってあるもんね。

悪意はなくともほんの些細なミスで人の財産を壊してしまう結果になりかねないので保険はしっかり考えておきましょう!!

さて、今日の覚えておきたいポイントは

自賠責(強制保険)は人身事故だけで物損(人の物や車を壊す)事故には対応してくれない。これを良く覚えておこう。

以上、自動車事故ワンポイントレッスンでした。

週末も安全運転でポチッ!
広島ブログ

親子で「がん」を考える

おっさん、またがん保険の宣伝か!!←とか思わずまぁ読んで♪

今やがんに罹る人は2人に1人の時代と言われる。

こんなことを保険の話ですると「うそつくな!!自分の周りにがんになった人なんか居ない」とかうそつき呼ばわりされることもある。

あのぉ~(・・
ウソついてませんが(・・

こんな数字を自分で勝手に作って説明したら詐欺になりますが(・・


オレらが人に説明する際に示す数字は、厚生労働省や生命保険文化センター等が集計した出所のはっきりした数字なんでうそつき呼ばわりは止めてね。

さて、今日はがん保険の話ではなく親ががんに罹った場合の子供の話。

昨日の日経生活欄で興味深い記事があったので一日遅れであるが書いてみた。

新聞記事によると、親ががんに罹ったことを知った子供は誤った自責の念を持つ子供が多いとか。

何で?と思ったが「親ががんになったのは自分が勉強をしなかったり兄弟喧嘩をしたせいだ」とか「自分が悪い子なので親ががんに罹った」等と思い込んで誰にも言えずに一人で抱え込んでしまう子供が多いとか。

親からしてみたら、子供が小さいと「まだ言っても分からない」とか余計な心配をかけたくなくてあえて伏せておこうとするものであるがそれが子供の心を余計不安に陥れることになるらしい。


う~ん・・・
子供は子供なりに親の事を心配してくれてるんよね!
それがまた可愛いし嬉しくもあるが、子供の立場からすると「ちゃんと教えてよ!!」ってことになるのかな。

おまけに「がん」なんて響きが悪いしな!!
もっとも響きが良い病気なんて聞いたことがないけれど、大人でも不安なんやし子供が同じように思っても不思議ではない。


親にがんのことを聞きたくても迷惑がかかりそうなので怖くて聞けない子供の気持ち。

それをブチ撒けるところがないと、引きこもりや幼児退行などとして出てくることもあるみたい。

そんな実情を踏まえて厚生労働省が子供の心をケアするプログラムを作って研究チームを発足させたらしいので今後に期待したいところでもある。

実をいえば、がん保険を人様に案内する立場でありながら、がん患者さんの子供がこんな気持ちで居るなんて思いも寄らなかったってのが正直なところ。

お恥ずかしい限りである。


どうか、このブログを読んでくださっているお父さんやお母さん方は、もし自分ががんに罹ったら子供がこんな気持ちを抱いているかも知れないと心の片隅において貰いたい。

患者本人と同じだけ小さい子供も不安。

今や早く見つけて早く治療すればがんは不治の病ではなく生きることが可能な病気である。

そこら辺をきちんと子供にも説明してあげたいね。

オレも心に留めておくよ。

では金曜日もあなたの応援に感謝!
広島ブログ

ちなみに厚生労働省がどんなプログラムを作っているのか知りたい方はブログのリンクにHPがあるので探してみてね。
もう一つ、研究班のHPは「ホープ・ツリー」なので気になる人は検索してみてね。

悪党、悪徳を語る

昨日、悪徳金融についてちょっと触れたがある日、1人暮らしをしている知り合いから

「お願い・・・」

「相談があるの・・・」と電話があった。

ドキッ!!

悪党に相談なんて・・・

金を貸せかそれとも連帯保証人でも頼まれるのか・・・


どちらにしても小躍りするような話ではないが、どちらも引き受けそうにない人間にわざわざ相談をするってことは違う内容である。

ところでオレのどこが悪党かって?

目と目が合えばすぐに「保険に入れ」と言うから注意が必要なのである。

それはおいといて、どうやらAさんのところに一通のゆうパックが届いたらしい。

あて先はすでに亡くなった親族の名前。

差出人は心当たりのない都内の団体名。

さて、これを開けて中身を確かめるかそれとも無視するかそれとも送り返すかそれともすっとぼけるか?

もしかして開けてしまったら後から何かの請求をされるかも知れない。

送り返すにしても「何某は死亡しました」と付け加えるべきか?と悩んでのことである。


皆さんならどうするかな?

一時期「送りつけ商法」といって一方的に商品を送りつけあとから代金を請求したり代金引換で届ける手口もあった。

届いた中身は重さがあったので冊子のような気がしたらしい。

どちらにしても既に死亡した人が注文することなんてあり得ないので、電話帳か何かで住所を知って送りつけて来たと思われる。

まっ無視することが一番ですな!!

万が一生存している同居人宛てに代引きで何かが届いたら、その場では受け取らず注文した人間に確認した上で受け取るようにしましょう。

それと国民生活センターのプロ相談員の方によれば、騙されないコツとして「自分は騙されない!!」等と思い込まずに「もしかしたら騙されるかも知れない」と警戒心を持っておくことですと!

「自分はがんに罹らない」

「自分は交通事故に遭わない」

「自分は騙されない」
全部共通点があった。

今から年末にかけて色んな悪党が蠢き出すので皆さんも気をつけてね!!

以上、悪徳研究家がお届けしました(ウソよ))

人の懐に手を突っ込む悪党にアンパンチのクリック
広島ブログ

検索フォーム

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。