スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親切と押し売り

数日前のこと。
あとる施設の中に入ろうとしたら入り口付近で荷物を乗せた台車をコロコロ転がしている青年がいた。

見たところ、その青年は体に障害を持っているようであった。

何を運んでいたのかは知らないが、平坦な所は問題ないが大きな段差があるとそれを超えるのに四苦八苦しているように見えた。

そんな光景を見て知らん振りは出来ない。

なんせオレはミシュランから「親切5つ☆」をもらっているからな(そんなんないよ!)

そこで青年に近寄り手伝おうとしたところ、多分介助者の人と思うがオレに近寄って優しく、そして目は笑わずにこう言った。

「彼は自分で出来ますから大丈夫です」と。

上の言葉を乱暴に言えば「余計な手出しするなやボケッ!!」ってとこかな。

「あっ・・・はい・・・すいません・・」とコメツキバッタみたいに頭をヘコヘコしながら見ていると、四苦八苦しながらでも彼は見事に段差を乗り越えて荷物を目的地まで運んだ。

なぁ~るほどねぇ!!
青年が困っているのかと思って手を出そうとしたらそれは誤りで、出来ることは自分でやらせてそれで無理なことだけ手を差し伸べるのが正しいんやな。

もっとも、大きな風呂敷を背負ったおばあさんが階段を昇っているような図であれば分かりやすいが、どこから先ってのが素人には判断が難しいよな。

下手をしたら「親切マスターベーション」みたいに自己満足になる事だってあるかも知れない。

これからは、状況をよく見てからどうするか判断するようにしよう。

しかしまぁあれですよ。
親切がアダになるからと言って止めるわけにもいかないわけですよ(いきなり口調が変わったりして・・・)。

世知辛いニュースばっかり聞くから、こんな奴がおってもええやん。

なんせ親切ミシュラン5つ☆やからな!!(そんなんないよ)

結局なにが言いたいのかといえば「親切も保険も押し売りはいけません!!」ってことですな!!

珍しく最後はうまくまとまったね♪

今日もポチッと押して帰ってくれんしゃい(なぜか博多弁)
広島ブログ
スポンサーサイト

騒ぐ血

いつも人様の日記やコメントを見ていると時々誤字脱字や変換間違いが気になることがある。


ハハハ~
変換間違いしとるわいハハハ~と人のことを笑っていたら自分でもやらかしたよ。

コメントをした際に「健闘」を「検討」と変換間違いをしたまま気づかず投稿。
あれって後から自分で見直したら恥ずかしいね!!

書くときは十分気をつけているし、保存をクリックする前にも何度も確認するのにそれでも間違いってある。
まっブログやコメントで変換間違いや誤字脱字があったところで笑われるだけで済むが、これが本の原稿になると話は違う。

今まで2冊ほど出版したけど(自費出版ではないので御間違いなく!!)何が辛かったって校正作業は苦痛やったな・・・
1回目の校正を初校といい2回目は再校とも呼ぶが、ここで誤字脱字を見落としたりするとそのまま書籍として販売されるからシャレにならんぐらい緊張した覚えがある。

そんな話はまた別の機会にするとして今日は趣味の日記を書く。
「お前の趣味なんて興味ない」って人は読み飛ばしてくれたまえ。

ところで当ブログカテゴリーの中に「ティホシー通信」ってあることを知ってた?

ティホシーとは熱狂的なフェラーリF1チームのファンのことをさす。

このティホシー通信を作ったのはええが、今まで更新したのは3回だけ・・・
まったく通信になってない。

もっともブログ友達の中には「ダイエット」のカテゴリーを作っておきながらほとんど更新しない某女子もいるのでそこはお互い様でもある。

さて、男として産まれたからには誰にも負けたくないものが2つある。
それは、「車の運転とメイクラブである・・・」と偉大なF1ワールドチャンプは言った。

車の運転が上手いのはいきがってスピードを出して走るのとは違う。

同乗者が安心してリラックス出来て尚且つ他の人にもやさしいスムーズな運転こそが上手い運転である。

そんなことよりティホシー通信よ!!
おおよそモータースポーツほど映像で伝わりにくいスポーツはない。

あの音とスピード感はエクスタシーである。

しかし、今年のF1グランプリは面白くなってきたね。
ワールドチャンピオンの経験者が5人集まっての戦いは面白くないと言う方が間違いか。

ベルギーのスパでアロンソがリタイアした時は、もうチャンピオンの目は消えたと嘆いていたがその後のイタリア・モンツァでまさかの優勝。
パラボリカを抜けて長いストレートエンドでアロンソがマクラーレンのバトンの前にたった時、我が家のリビングみたいな場所は熱狂したシケインの観戦スタンドになった。


続くシンガポールでの公道ナイトレースでもライバルを抑えきってまさかの2連勝。


これで2010年のF1ワールドチャンピオンの行方はまったく予想がつかなくなった。

で、次は鈴鹿で日本人が走る。
いつか日本人がフェラーリのシートに座ってドライビングをしてもらいたいな・・・
毎年楽しみにしているF1も残りが4戦でますます目が離せない。

100321_1122~02

しかし、シンガポールでも公道レースが出来るんやし広島でも出来んもんかな・・・

オリンピックより安上がりで何回も使えると思うけどな・・
市長さん、どうかな?
では、水曜日も応援ありがとう!

広島ブログ

世界標準

むか~し読んだ本の中に笑い話があった。

世界で一番幸せな暮らしとは?

まず、アメリカ人のサラリーを貰い










それでイギリスの家を建てて













中国人のコックを雇い













日本人女性と結婚する。

そりゃあ幸せかもよ!

では反対に世界で一番不幸な暮らしは何か?

まず中国人のサラリーをもらい














日本人の家に住み















イギリス人をコックに雇い、そして















アメリカ女性と結婚する。


以上は、世界のジョーク集に書いてあった内容なのでオレに文句を言うのは止めてくれ。

当たらずしも遠からず。
どこかウンウンと納得できる部分もあるね。

そんな今日の日経・経済教室欄で面白い記事が載っていた。

一橋大学・関満博教授のよると、とある中国の躍進企業を訪れた際「わが社の目標」が掲げてあったそうな。

3つ掲げたその目標とは

「ドイツの品質」

「中国の値段」

「日本のサービス」

それを見て「あぁ!!日本が世界で求められているのはこれか」と思ったそうな。

確かに納得。

以前、スイスに旅行した人が、みやげ物を買おうと昼休み前にある商店に立ち寄ったところ

「お前はオレの昼休みを邪魔する権利があるのか!!」とキレられたことがあるらしい。
このスイス人が特別性根が悪いってわけでもなく万事がこんな調子であるとか。

日本でそんなことが許されるのは吉本新喜劇くらい。
もしみやげ屋のバイトがそんなことをしたらその場でクビになるで・・・

こうしてみると我々がお客様目線で考えていることや、その反対にお客様目線で受けているサービスは世界標準として通用するものであったと改めて認識出来たね。

結局何が言いたいのかといえば・・・
中には嫌な客もおるけどサービス業の皆さん、元気出そうで!!

元気が出たあなたはポチッとヨロシク

広島ブログ

けしからん日記

ラジオを聴いても、ニュースを見ても新聞を読んでも「けしからん」の大合唱。

中国はけしからん。


日本の弱腰外交はけしからん。



中国寄りの某政治家はけしからん。



責任者出てこい!!←と人生幸路師匠が生きていたらぼやくに違いない。


あの事件が起きた後、中国人の友人がおはぎを持ってきてくれた。
その時に話したら「国がどうなろうと自分達の友情は変わらない。あんなもん関係ない!!」と言ってた。

嬉しかったね。

さて、今回の事件に関する日記を書くなんて愉快なことではないが「けしからん」の大合唱の1人に加わりたくもない。

そこで報道を鵜呑みにするのも芸がないので自分なりに考えてみたのだが・・・・


やっぱりけしからんのだよ!!

何がって、日本の諜報機関てどうなってるの?と。


信長が桶狭間で今川軍に勝利して以来、どう情報を集めて、集めた情報をどう利用するのかというのは現在に至るまで当たり前のことと思ってた。

イスラエルがあんな小さいくせに生き残っていられるのはひとえに最強の諜報機関のおかげであることは誰でも知ってる。

得られた情報をどう使うのかは大事なことであるが、今回の一件で中国は日本の弱みを的確に掴んでいたと思われる。

レアアースがどうしたこうしたなんて騒いでいるけど「何を今更・・・」と思うよ!

アースどころかレアメタルなんて何十年も前から指摘されてて、日本には資源がないことなんか分かっていたはず。
都市鉱山に一番に目を付けた人は総理大臣になってもらいたい。

アースやメタルどころか、もしこれが穀物やったらどうする?
日本の息の根が止まるで。

それをさせないようにするのが「外交」の役目のはずやけど、残念ながらけしからんとしかいいようがない。

以前読んだ本の中に「内閣府にも専門の諜報機関がある」と書いてあった。

では今回、日本の諜報機関は機能してなかったのか?

他国が日本の弱みを調べているように日本は隣の大国の何を調査していたの?

諜報機関は本当にあるのか?

あるとしたら何を調べていたのか?ちゃんと機能しているのか?

あるいは機能しているとしてそれを活かせる政治力がないのか?


中国の脅威や弱腰外交よりも、日本の諜報機関がちゃんと機能しているのか?
そっちの方が気になる今回の出来事でした。

「そんなことお前に言われんでも分かるわい!!」

「お前が一番けしからん!!」と思う?

そう思ったあなたはポチッとヨロシク
広島ブログ

超絶美味君喰ワス・・・の巻

やぁみんな!!
この前書いたキャラメルの話を覚えてるかい?

そう!!
「一粒で2度おいしくない」と評判のジンギスカンキャラメルのこと。

この前は「一口食べたら富良野のラベンダー畑が・・・」とか散々持ち上げておきながら今日に至っては2度おいしくないとこきおろす。

ますます謎は深まるばかりである。


そんな先日、子供の友達が来たので

「これを食べたら300メートル走れるでフフフ」と疑うことを知らないJKをくどき落とし食べさせた。


すると次の日に
「お前とこの父ちゃんに変なもんを食わされた」と被害報告が入るではないか!!

変なものを食わされたとは失敬な!!
これを作った人の身にもなってみろ

バカ者!!


責任者出てこい~!!

と、人生幸路師匠が生きてたら怒られるでしかし・・


さて、人間の行動にフタをするのは常識であるとか先入観であるとかが多い。

「変な名前やし・・・」とか「今まで食べたことないし~」とか「不味いって噂やし~」とか。


この際、そんなものを取っ払って一口放り込むとまた一皮むけて成長した自分に出会える・・・かな?

オレはもう4つも食ったので4皮も剥けた・・・

これ以上むけたら骨みえてくるよ・・・


しかし、18個入りのキャラメルを自分で4個食べてJKに4個あげてその他人に4個あげて後6個で完売なはずやのに、箱を開けたら9個になってるし・・・

もしかしたら勝手に増殖してるんか?


ところで、先入観とか常識に縛られるなとか書いたけど、さすがにこのパッケージはまずいと思うわけよ。

100923_1052~01
なんかジンギスカンというより生レバーみたいな写真でキャラメルはないで・・・


そんなわけで(どんなわけ?)今日はオープンスクールで吹奏楽部は「ジンギスカン」って曲を演奏するらしい。(これはほんま)

よし!!
今から学校行ってあいつにもこいつにもおすそ分けするでフフフ

こんな美味いものを独り占めしたらバチが当たるからなフフフ

あなたの応援が励みになっておりまする!
広島ブログ

オープンスクール

昨日の続き日記を書こうと思っていたが、ちょっと脱線してローカルニュースをお伝えします。


娘の通う学校が秋の高校野球大会で明日決勝戦に向かう。


えっ?
決勝戦ってなに?

これに勝ったら甲子園行けるの?違う?(なにも知らない)


これって何か凄いやん!!

勝ち進んできた相手が、「広陵」「如水館」等甲子園でもおなじみの強い学校。


今までまさしく天敵やったらしい。

そんな学校に勝っての決勝進出で、野球に興味のないオレまで1人で盛り上がっておる。

それにピッチャーで活躍している子が近所。
うちの子供とは小学校から同じで、一緒にドッジボールで遊んでた。

そんな子供が大きく成長して大舞台で活躍しているなんて人事ながら嬉しいね!!

勝負事なんてなにがどうなるか分からんけど、どこの子供も全力で戦って貰いたいと思う。

尾道高校VS広島国際学院高校
良かったら注目してあげてね!

そして、明日は国際学院のオープンスクールもある。

中学3年生とその保護者が対象で毎年2000人来るとか・・・

昼頃から吹奏楽部の演奏もあるし、同じ時間には野球部が決勝戦ですと!!

来年野球部が甲子園に行って、吹奏楽部が普門館に行ったら父は狂うで。

思い返したら去年のオープンスクールで吹奏楽部の演奏を聴いて進路を即決した。

野球やゴルフでもこの学校を選んで来た子供は結構多い。

好きなことに打ち込む子供達の姿におっさんは感動しっぱなっしである。

良かったらオープンスクールで演奏聴いてやっておくれやす。


ところで・・・
野球部が甲子園行ったとしたら吹奏楽の応援はどうなるんやろ??


では、どなた様も良き休日を!!

広島ブログ

検索フォーム

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。