スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後ろ姿

ブログのカテゴリーに趣味の「車」を作ってみた。

どうやら男という生物が目で追うのは女性の後姿だけに限らず、セクシーな車の後も追う性質を持っているようである。
本来なら今週は「ティホシー通信」を書くところであったが、オーストラリアの開幕戦が忘れてしまいたいくらいあまりにも無残な結果になったので現実の頭皮から現実逃避するのだ^^

ところで、前から車で通りかかるたびに気になっていた車がこれ↓↓
090329_1018~03
名前を「フェアレディ・Z]と呼ぶ。
数あるZの中でもこれは「240ZG]と呼ばれる高性能な車でアメリカ大陸制覇のために日産が作った車である。
中学か高校の頃、友達の兄貴がこれを持っていて乗せてもらった記憶がある。
勿論助手席で、間違っても運転席に座ってエンジンをかけて動かした・・・なんてことはしていない。

次なる車がこれ↓↓
090329_1018~02
名前をスカイラインGTRという。
元祖「羊の皮をかぶった狼」がこれかも知れないが、レース用のエンジンを市販車に載せて打倒ポルシェを目指した日産の傑作である。

オレもGTRではないがGTXとよばれるスカイラインに乗っていて、あまりにも壊れすぎて手放したことがある。

その2台揃った姿がこれ↓↓
090329_1018~01

GTRと240ZGが揃った光景なんて滅多にお目にかかれないが、近所の日産の店においてあったので写真を撮らせてもらってきた。

オレは「昔は良かったなぁ~」とか「あの頃は良かった」なんて懐古趣味は持ち合わせていないが、今見てもこの2台は新鮮で美しいと感じるね。

なんか、自動車産業が「欧米を打ち倒せ」みたいな情熱があったからこんなデザインの車が出来たのかな?
今の日産ってカルロス・ゴーンになってから業績は良くなったのかも知れないが、ルノーか日産か分からないようになってしまったのは嘆かわしい。

こうして見るとタイヤは流石に時代を感じさせるが30年以上の時が経ってもカッコええもんはカッコええな。

外国車の真似ばかりせんと、こんなデザインの車を作ってよ。

ところで「この車が欲しい!!」と思って札束を握り締めてイチロ日産に行っても非売品らしいのでお間違いなく。

その前に、こんな車を停めておく専用ガレージがある家が必要かも^^

金がなんぼあっても足りんなぁ~(。。
スポンサーサイト

バナナ共和国

今日からF1選手権が開幕ですな・・・
何ヶ月この日が来ることを待ちわびたか!!

おまけに開幕戦のラリアは時差が少ないので、日曜の昼に決勝戦が放送されるからありがたい。
予選結果を見て驚いたが、去年とは勢力図が大きく変わった気がするね。

ブラウンGPのバトンがPPなんてどこの誰が予想できた?
最近まで走れるかどうか分からなかったチームが開幕戦でPPなんて、当のロス・ブラウンとバトンが一番驚いているに違いない。

さて、詳しくは「ティホシー通信」にでも書くとして、今日の日記は「バナナ共和国」のことである。

それってどこにあるの?
どこか、南の島か?
国連に加盟しているのか?

どれも間違いである。

今朝の日経国際欄からの引用であるが、海外メディアが伝えるところによると
「日本はビジネス・文化・テクノロジーでは大国であるが、政治はバナナ共和国のようである」と書かれている。

バナナ共和国なんてきくと、みんなで仲良くバナナを生産する仲良し国家のような響きであるが、実は政治が安定しない小国みたいだと皮肉っているのだ。

昔から、日本は「経済1流、政治3流」と呼ばれていたが、古くから何も変わっていない気がする。
金融危機の真っ只中に総理が交代したり、国会では給付金を受け取るのかどうかなんて議論に精を出しているし政策決定のスピードはロバ並みやし、財務大臣は酔っ払うし副大臣はインサイダー・・・

もう勝手にしてくれ!!って感じである。
こうなったら、どこか瀬戸内海の島に共和国を作りますか!!

サンマリノ共和国や、ローマの一角にあるバチカン市国のように自治権を持って日本とは別の国を作る。
観光客が大勢訪れる厳島なんて最高の独立国になれるかも。

税収はモナコを見習ってカジノ公認して売り上げの数%を収めるようにして、パスポートを持たない人からは観光税を徴収して、漁業権を主張して自国海域の漁業を守る。

尚且つ、法人税を安く設定してミニタックス・ヘブンのように世界のペーパーカンパニーを集めて税金を取り、自国民の住民税や所得税は安くして人口を集める。

こんなバナナ共和国があったらどうかな?
結構ええと思うけど問題は初代大統領を誰にするかだな。

いっそのこと、ジョージ・ワシントンか伊藤博文にお願いしようと思うのだがいかがだろうか?

間違ってもスターリンにお願いしようとは思わないのでご安心あれ^^

自分さえ良ければ

この前、交差点で信号待ちで停まっていた時のこと。

交差点の角にマンションが建っていて、道路に面した駐車場に一台の軽自動車が停めてあった。

その青年は一人でオレの後方から車椅子でやってきて、軽自動車の横に来ると車のドアを開けた。

「彼は一人でどうするのか?」と思って見ていると一人でスルリと車椅子から車のシートに乗り移り、後に残された車椅子を軽々と持ち上げて、これまたスルリと車の中に入れ込んで、これまたスルリと駐車場を後にした。

あまりにも当たり前みたいな行動で、あまりにも自然であまりにも風景に溶け込んだ光景であったがこれはかなり驚いた!!

軽量の車椅子があることは知っていたし、障害がある人向けに改造された車があることも知っていたが、実際それらを使っている光景を見ることは初めてであった。

彼がなぜ車椅子での生活になったのか。
そしてまた自分で自由に移動できる手段を確保出来るまでの経過は知る由もないが、はっきり分かる事は彼には車を停める為のスペースが絶対に必要である。

そこで、今日はこの本を紹介しよう。

ジョージ・ソロス著「世界秩序の崩壊」
サブタイトルとして「自分さえ良ければ社会への警鐘」とある。

ジョージ・ソロスとは知る人ぞ知る世界の投機王であり慈善家でもある。

アメリカの慈善家といえばウォーレン・バフェットやビル・ゲイツばかりがとりあげられるが、ソロスも冷戦時代には「東ヨーロッパで一番影響力のある個人」として有名な存在であった。

金持ちになったから慈善事業に力を注ぐのか、それとも慈善事業をしたいと考える人が金持ちになるのか分からないが、人の懐に手を突っ込もうとする奴は沢山いるが人に何かを与えようと考える人は国籍を問わず尊敬に値するね。

ところで、この本と車椅子の青年は何の関係もないように思うがおおありなのだ。

自分さえ良ければ店の入り口に近いってだけで車椅子スペースに停めたって平気なのか?
本当にそのスペースが必要な人が居ることに思いを巡らす思考が大切なのではないかとあの青年を見て改めて考えさせられた次第である。
「自分さえ、自分の家族さえ良かったらええんか?」なんて一般庶民が言えば下手したら負け犬の遠吠えになるが投機王の言葉には重みがあるね。


肝心の本の内容はといえば、いつ何度読んでもソロスの本は難解である。

はっきり言って分からないことばかりである。
なぜわざわざそんな本を買って読むのかといえば、読んだだけで賢くなった気分になれるのかと思うのだが、結局は理解出来なくて自分のアホさ加減だけが理解出来るからありがたい。

投機王の本でも「こうやれば儲かる」チックな内容は書いてないので難解な言葉が好きな人は週末にでも是非どうぞ。

所信表明演説

あぁ~腹減ったし眠たいなぁzzz

「それならブログなんて書いてないでさっさと飯食って寝ろ」と言われそうだが、オレは良い子なのでちゃんと歯磨きしてから寝るぞ、ババンババンバンバン♪

ところで「所信表明演説」のことを「初心表明」と思い込んでいたのはオレだけではないはず。

そんなわけで何も書く気がしないのだが、この前の日記でも書いた矢沢の永ちゃんが総理大臣になったら、どんな所信表明演説をするんやろ~か?なんてくだらない事を考えていたがやっぱ・・・

「自民はファンキーモンキーベェビィ~、イカレてるよぉ~♪」って決めてくれるのかな?

今日もこんなくだらない日記を読んでくれてありがとう^^

では、くれぐれも花見で酒を飲みすぎてひっくり返らないようにね!!

どなた様もよき週末を。

これが銀蔵式♪

最近、携帯で色んな人のブログを読む機会が多い。
携帯に限らずPCでもそうやけど「○○式ダイエット」の広告って凄く多いと感じる。

自分が使っているブログサービスだけではなく、ライブドアにしても楽天・ヤフーにしてもダイエットの広告を見ない日はないのではないか?

オレが利用しているFC2ってサービスでもPCで見たら何の広告も出てないけど、携帯でみたら毎日のように出ている。
あれは、勝手に出されている広告なのでオレには何の関係もないがそれだけ世のダイエット願望って強いんかな?

そこで、今日この記事を読んだあなただけにとっておきの「銀蔵流ダイエット方法」を有料で伝授しよう。
ん?
金要るなら知りたくない?
あっ、そう(。。

とにかく!!
去年の春に75キロあった体重が61キロまで減り、93ほどあったウエストが何と驚きの75まで細くなった。
中年になってから着いた脂肪分は中々取れないと聞くが、オレの腹の脂3兄弟はいずこへ・・・?

こんな事を書いても誰も信用しないと思うので近いうちに証拠写真を撮って、ビフォー・アフターで載せてやろうと思っていたが、そもそもダイエットなんぞをする積りは全く無かったのでビフォーの写真がないのが残念である。

で「銀蔵式」と大げさに言ったところで人から金を貰って教えるようなことは何一つない。
これを世間では詐欺と呼ぶがほんまに教えることがない。

あえて一つだけあるとすれば「寝る前のストレッチ」くらいである。
食べる物も量も変わっていないし、晩酌で飲むのがビールから缶チューハイに変わったくらいでそれだけでウエストが18センチも細くなるはずがない。

では、寝る前のストレッチが効果的なのかと聞かれたらこれも根拠がないので断言出来ない。

まっ、いい加減なものである。

ところがだな・・・
オレのウエストが細くなったのを知っている子供が真似をするようになって寝る前ストレッチを一緒にしだした。

ストレッチといっても大げさなことではなく、ゆっくり息を吐きながら体中の筋を伸ばすようにするだけである。
辛い運動をすると長続きしないので10分くらいで出来る簡単な体操なのだ。
これをやり始めて3日後くらいに「体中が筋肉痛で痛い」等とほざいておったが若いのに体硬すぎ(。。

ストレッチをする時のポイントとして息を止めないで腹式呼吸をすることがある。

大きく鼻から吸って、ゆっくり口から息を吐き出すのがポイント。

へその辺りに力を入れて、搾り出す感じで息を吐くのがコツである。

さて、へそまわりの3兄弟が気になるあなたは今日の風呂上りから是非実践してくだされ!!

但し「効果が無いから金を返せ」等と言わないように^^

シャンパンファイト

もう今日はWBCの話しかないね!
今NHKで9時のニュースを見ながら書いているのだが、世界一を2連覇って凄いね。

出ていた選手は松阪とダルビッシュとイチローくらいしか知らなかったが、ソフトボールの女子チームといい日本のアスリートは素晴らしい!!

これは、やっぱりイチローの後輩達の素晴らしい演奏のおかげかな^^

しかし、優勝といえば「ビールかけ」と思っていたけどWBCではシャンパンやったのね・・・
何の銘柄か知らないけど、世界一にはシャンパンが似合うし、選手のインタビューを見ていたらどの人もええ顔してるわ!!

日本の侍は捨てたもんではないな。

ところで、シャンパンファイトといえばレースの世界であるが、F1グランプリでも日本人がポデェウムの中央でシャンパンファイトをする姿を見てみたい。

今年は佐藤琢磨が走らないので日本人のレーサーは中島jr一人になってしまったが野球チームに負けないくらいの彼の活躍を祈ろう。

ちなみに、F1で使うシャンパンは「モエ・エ・シャンドン」って銘柄である。

オレがヨメにプロポーズした時はちょっと高級なモエを飲んで酔っ払った勢いで高級でないプロポーズをした。

「何と言ってプロポーズしたのか?」って質問はしないように^^

まっ、なんにせよ日本代表の皆さんおめでとう!!

野球とは違うけどラグビーの世界ではこんな言葉がある。

「one for all,all for one」

一人は皆の為に、皆は一人の為に。

検索フォーム

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。